世界初の「歯生え薬」治験へ 乳歯、永久歯に次ぐ“第3の歯”とは

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 世界初の「歯生え薬」の実用化に向けた研究が、日本のチームによって進められている。先天的に永久歯の数が少ない人に対し、薬を投与して歯を生やすことを目指した治験を2024年7月から始め、30年の実用化を目標とする。動物実験の段階だが、この薬を使って乳歯、永久歯に次ぐ「第3の歯」を生やすことにも成功した。歯生え薬は、歯の再生という新たな歯科治療を切り開くのか。

 「歯を生やすのは歯医者の夢。大学院生の頃から、ずっとそのテーマに取り組んできた。絶対にできると確信がありました」。研究を主導する北野病院(大阪市北区)の高橋克・歯科口腔(こうくう)外科主任部長は、研究を始めた1990年代をそう振り返る。その決意から30年あまり。まもなく歯生え薬の治験開始という段階にこぎ着けた。

 歯の数が生まれつき少ない「先天性無歯症」の人は、人口の約1%いる。特に6本以上の歯の欠損は遺伝が大きく関係している遺伝性とされ、発症率は人口の約0・1%だ。無歯症の患者は、幼少期から歯の数が少ないため、かんだり、のみ込んだり、話したりする機能が弱く、成長に悪影響を与える恐れがある。

 高橋さんは大学の歯学部を卒業した後、91年に京都大大学院に入って「分子生物学」を学んだ。生物の生命活動に不可欠なさまざまなたんぱく質や、たんぱく質を合成するための設計図となる遺伝子を研究する分野だ。

 大学院修了後は、米国に留学する。当時、人為的に特定の遺伝子を欠損させたマウスは歯の数が少なくなるという研究結果が世界各地で出始めていた。「1個の遺伝子に変異が入るだけで歯の数が変わる。そこを標的にすれば、歯の数を変えられるはずだ」と考え、研究に取り組んだ。

歯生え、驚きのあまり腰抜けそうに

 道筋が見え始めたのは、帰国後に京都大で研究をしていた05年ごろだった。ある遺伝子を欠損させたマウスは、逆に歯の数が増えることが発見されたのだ。その遺伝子によって合成されるたんぱく質「USAG―1」は、歯の成長を抑制する働きがあった。つまり、歯の成長を邪魔するこのたんぱく質ができないようにすれば、歯が増えるというわけだ。

 そこで高橋さんの研究チームは、USAG―1をピンポイントで狙い撃ちにして、機能を失わせる「USAG―1中和抗体薬」を開発。18年、先天的に歯の数が少ないマウスに薬を投与したところ、歯が生えてきた。研究室は…

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1885文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集