特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

都陽性者登録センターの派遣職員 感染者の個人情報持ち出し

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京都庁=小川信撮影
東京都庁=小川信撮影

 東京都は2日、新型コロナウイルスに感染した人の情報を管理する「都陽性者登録センター」で働いていた派遣職員の20代男性が、感染者37人分の個人情報を持ち出したと発表した。政府が5類移行前に運用していた情報把握システム「HER―SYS(ハーシス)」に登録されていたもので、職員は「個人的な興味で書き取った」と話しているという。

 都によると、派遣職員は4月18日と25日、ハーシスに登録された新型コロナ感染者計37人分の氏名や住所、電話番号を紙に書き写し、自宅に持ち帰った。また、そのうち4人の個人情報を20代の知人に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で送信していた。

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文408文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集