メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生態園をつくろう

     生態園とは学校や園の中に生物を呼び込むための環境(学校ビオトープ)のことです。毎日新聞社と国際花と緑の博覧会記念協会が2003年度から、参加校を募集し、生態園の整備を支援する事業「生態園をつくろう!」を始めました。観察や手入れを通じて、自然と生き物の関連性や「いのち」を理解する一助にしてもらう狙いがあります。
     これまで応募、入選した約70校が、独自案に基づき生態園を作り、教育に役立てています。PTAや自治会など地域の人々の参加も歓迎しています。参加校・園の募集は、こちらや毎日新聞の紙上で毎年5〜8月ごろ(今年は8月21日まで)行います。問い合わせなどは花博記念協会(電話06・6915・4516)へお願いします。

意岐部東小学校(東大阪市立)

山田小学校(姫路市立)

白鷺小中学校(姫路市立)

清和小学校(尼崎市立)

雲中小学校(神戸市立)

桜小学校(寝屋川市立)

佐太小(守口市立)

矢田西小学校(大阪市立)

桜橋小学校(東大阪市立)

志都美小学校(奈良県香芝市立)

三石小学校(和歌山県橋本市立)

清渓小学校(大阪府茨木市)

刑部小学校(大阪府八尾市)

智弁学園中学校(奈良県五條市)

西宮浜小学校(兵庫県西宮市)

北田辺小(大阪市)

止々呂美小・中学校(箕面市)

駒ケ林小学校(神戸市)

中筋小学校(京都府綾部市)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. 熱烈人気「上海ディズニー」 じわじわ「中国風」好感 6月で開園3年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです