メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

「ブラック・チェンバー・ミュージック」は、米朝の駆け引きが続く国際情勢を背景にしたフィクション。日本で散逸した幻の「ヒッチコック論文」を、北朝鮮からの密使と日本人のペアが捜すことになります。謎めいた物語をお楽しみください。

    プロフィル

    著者・阿部和重

    1968年山形県生まれ。日本映画学校卒業。1994年に「アメリカの夜」でデビュー。以後、ポップカルチャーをちりばめた世界観や緻密な描写で評価と人気を集めた。2005年「グランド・フィナーレ」で芥川賞。「シンセミア」(毎日出版文化賞など)「ピストルズ」(谷崎潤一郎賞)に続く、出身地を舞台にした「神町トリロジー」の完結編「オーガ(二)ズム」を9月26日に文芸春秋から刊行。

    写真・相川博昭

    1969年神奈川県生まれ。日本映画学校を91年に卒業。映像制作や写真撮影が専門で、現在、フリーの写真家として活動。映画学校で同級生だった作家・阿部和重さんと親交があり、阿部さんの過去作品「シンセミア」の雑誌連載でもタッグを組んだ。青山真治監督の映画「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」のスチールなども手がけた。

  • /403 阿部和重 写真・相川博昭

    「あと一歩をつめるためには、正確な情報をもっとあつめて、欠けているピースを全部そろえなければなりません。そういうわけで、横口さんにも直接お話をうかがわなければな…

  • /402 阿部和重 写真・相川博昭

    「なんでもですか?」「守秘義務の範囲外で、わたしに答えられることであれば」 だったらこれはどうだと、いかにも守秘義務の範囲内におさまりそうな箇所へ横口健二は足を…

  • /401 阿部和重 写真・相川博昭

    「先に言っときますけど、危険はないと確信が持てないうちは、おれはそのひとの居場所を絶対にしゃべりませんよ」 韓はそれを態度の軟化ととらえ、みずからの説得方法の変…

  • /400 阿部和重 写真・相川博昭

    「お気持ちは理解できます。執行猶予がとりけされてしまうようなことにでもなったらと、不安に思ってらっしゃるんでしょう。ちがいますか?」 こちらが執行猶予期間中の身…

  • /399 阿部和重 写真・相川博昭

    「もしかして、なにかひっかかってます?」 いきなり図星を指されてとりつくろう余裕もなく、横口健二はかろうじてこう答える。「いや、まだご用件をうかがっていないので…

  • /398 阿部和重 写真・相川博昭

     韓は急にきりっとした面持ちになってそう提案してきた。相手のほうからさっそく本題に入りたいと持ちかけられるとは予想していなかったので、横口健二はいささか面くらい…

  • /397 阿部和重 写真・相川博昭

    「なにかおかしいことでもありましたか?」 韓がにやにやしているふうに見えるのが気にかかり、横口健二はなぜかと訊(たず)ねながら伝票ホルダーをメラミンテーブルに載…

  • /396 阿部和重 写真・相川博昭

    「そういえば、わたしは電話番号いがいのことをなにもメモに書いていなかったのですね。たいへん失礼いたしました。こちらの名前も伝えず、電話をかけろといっぽう的に催促…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです