メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヘッドハンターの仕事

  • ダイジェスト編 強引に引き抜くは誤解

     顧客の企業などが求めている人材を見つけ出して、転職の意思を探り、あっせんしていく「ヘッドハンティング」。業界最大手、サーチファーム・ジャパン(東京都千代田区)…

  • 第5回 適材適所

     能力があるのにそれを十分に発揮できず、会社などの中で居場所がなくなっている。ヘッドハンティングは、そんな人を「次のステージ」に立たせることができると武元康明さ…

  • 第4回 医師の世界

     ヘッドハンティングとは無縁と思われていた医師の世界。武元康明さん(45)は、大学医局の仕組みの揺らぎなどによる構造の変化に着目して切り込んでいる。  ◇サーチ…

  • 第3回 マッチングの作法

     ヘッドハンター、武元康明さん(45)の仕事は、人材を必要とする企業から依頼を受けて始まります。あるメーカーの経営企画室長に「畑違い」の元トップセールスマンをあ…

  • 第2回 悩み、選ぶ

     「真っ白な雪原を歩いていくような気持ちだった」。連載2回目は、国内ヘッドハンティングの第一人者、武元康明さん(45)が若かったころ、自分が今の仕事に適性がある…

  • 第1回 機が熟すのを待つ

     「ヘッドハンティングは、『引き抜き』じゃない」。そう話す国内ヘッドハンティングの第一人者の武元康明さん(45)を取材しました。顧客企業と候補者となる人材をつな…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マダニ感染症で京都府内の80代男性意識不明 府内で今年初

  2. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  3. 大阪モデルを緩和 注意喚起の「黄信号」点灯しにくく 経済ダメージ最小限に

  4. ORICON NEWS 「#まさかのトリック20周年」キャンペーン実施 7・7はトリックまつり

  5. ORICON NEWS 橋本環奈、ムロツヨシ演じる諸葛亮の妻「笑ってしまわないか心配」 山本美月は小喬役

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです