メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Review・of・タカラヅカ

  • /22止 100周年フィナーレ

     ◇そしてショーは続く 宝塚歌劇100周年がまもなく幕を閉じる。春は往年のスターが古巣の宝塚大劇場に戻り、昔話に花を咲かせた。最後は先人への感謝を込めて、現役ス…

  • /21 海外ミュージカル

    ◇限界に挑み、可能性広げ 宝塚歌劇の出発点は、日本物の作品をオーケストラの演奏に合わせて上演する「独自の音楽劇」の創造。今でこそ宝塚流にアレンジした「エリザベー…

  • /20 新人公演

     ◇舞台中央、輝く日を夢見て 宝塚歌劇では、普段スポットライトを浴びることのない若手も、舞台の中央で輝ける日がある。約1カ月の公演中に1回きり、入団7年目までの…

  • /19 トップの女優転身

     ◇男の匂い、生かして殺して 宝塚の男役の型が完成するまでには10年かかると言われる。長年鍛錬を積んでも、宝塚を卒業すると、男役は終わり。トップスターも男役の殻…

  • /18 お披露目公演

     ◇新トップ、喜びと覚悟 宝塚歌劇はスターのお披露目と卒業を繰り返し、一世紀のバトンをつないできた。100周年の春を盛り上げた5組のトップスターのうち、既に花組…

  • /17 ラストデー

     ◇ファンの声援、帆に受けて トップスターが宝塚を去る日−−。退団公演の千秋楽は、スターにとってもファンにとっても特別な一日だ。宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)周辺は…

  • /16 エリザベート

     ◇陰影つけるトップの色 「ベルサイユのばら」「風と共に去りぬ」に続く、宝塚歌劇のヒット作「エリザベート」。トップスターが死の世界をつかさどる「黄泉(よみ)の帝…

  • /15 「日本物」の雪組

     ◇しぐさ、流し目の色香 匂い立つような色香がある。襟からのぞく白い首筋。ゆらりゆらりと動く着物の袖。思いを残した指先。日本髪に和装で演じる「日本物」のラブシー…

  • /14 ベルばら40周年

     ◇理想のオスカル求めて 宝塚歌劇の代名詞ともいえる人気作「ベルサイユのばら」が初演から40周年を迎えた。兵庫県宝塚市の宝塚大劇場では現在、宙(そら)組が「オス…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです