メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

  • 主審「ご心配なく」 女性差別と批判で議論

     全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ(日清食品)に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)に3度の違反行為によるペナルティーを与え、本人から女性差別と批判さ…

    (2018年09月12日 11:57)

  • 大坂Vの決勝視聴者は310万人 高い注目

     米スポーツ専門局ESPNは11日、テニスの全米オープンで大坂なおみ(日清食品)がセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破った8日の女子シングルス決勝が放送したカード…

    (2018年9月12日 08:35)

  • 「楽しんでプレーを」大坂、前向き思考でV

     【ニューヨーク浅妻博之】日本女子テニス界の記録を塗り替えてきた20歳は、100年あまりの間に日本選手が誰一人到達できなかった4大大会の頂点に立った。8日(日本…

    (2018年9月11日 13:17)

  • 大坂のサーブ戦略の裏に日本テニス協会の分析

     大一番で勝敗を分ける一因になったのは、サーブに対する集中力の差だった。 S・ウィリアムズは出だしから明らかに硬かった。威力のある第1サーブが決まらず、攻撃のリ…

    (2018年09月10日 20:01)

  • ジョコビッチ執念のV けがを乗り越え

     ◇全米オープン 男子シングルス決勝(9日) ジョコビッチの勝利への執念がにじみ出たのは、第2セット第8ゲームだ。 デルポトロを相手に8度のジュースにも屈しない…

    (2018年09月10日 12:25)

  • 大坂優勝、米メディア速報 異例の試合展開も

     【ニューヨーク長野宏美】8日の全米オープン女子決勝について、米メディアは大坂なおみ(20)の優勝を速報するとともに、敗れたセリーナ・ウィリアムズ(36)が主審…

    (2018年09月10日 11:47)

  • 大坂、白いワンピース姿で 恒例の記念撮影会

     【ニューヨーク長野宏美】テニスの全米オープン女子シングルスで、日本選手として初めて4大大会シングルス優勝を果たした大坂なおみ(20)が、決勝から一夜明けた9日…

    (2018年09月10日 10:47)

  • 国枝、上地は準優勝 車いすの部

    テニスの全米オープン車いすの部は9日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)は第2シードのアルフィー・ヒューエット(英国)に…

    (2018年09月10日 10:10)

  • セリーナに罰金189万円 暴言などで

     テニスの全米オープンの主催者は9日、前日の女子シングルス決勝で主審に暴言を吐くなどの行為があったセリーナ・ウィリアムズ(米国)に対し、1万7000ドル(約18…

    (2018年09月10日 09:48)

  • ジョコビッチ優勝…3年ぶり3回目 男子単

     【ニューヨーク浅妻博之、長野宏美】テニスの4大大会最終戦、全米オープン最終日は9日(日本時間10日)、当地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター…

    (2018年09月10日 08:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです