メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

生活の営みが豊かになる情報を提供します。

  • 災害時は「お湯ポチャ」調理

     災害時に電気やガス、水道が使えなくなっても、ポリ袋があれば簡単に食事を作ることができる。食材を入れて湯煎で火を通すだけの「パッククッキング」「ポリ袋調理」など…

    (2019年01月17日 02:10)

  • 元気なうちに家族で終活

     終末期医療や葬儀、死後の話題は普段つい避けてしまいがちだが、家族や親戚が集まる機会に思い切って話をしておきたい。家族で終活に取り組んだ人に経験談を聞いた。 ●…

    (2019年01月16日 02:23)

  • 認知症の人の暴力、対応策は

     認知症の人が突然、暴言を吐いたり、暴力をふるい始めたりしたら--。認知症で暴れる母を止めようとして起訴され、職を失った大阪市の男性と妻の裁判から、認知症の症状…

    (2019年01月14日 02:07)

  • 独居の親が喜ぶ食事

     「独居の親に好き嫌いが多い」「おかずを届けても食べてくれない」。中高年の子世代にとって、離れて暮らす老親の食事は気がかりだ。長続きするサポートの秘訣(ひけつ)…

    (2019年01月12日 02:02)

  • 60歳以上の労災事故が増加 転倒多発、危険箇所の確認を

     年金受給開始年齢の引き上げや、定年後の継続雇用制度の整備で働く高齢者が増えるにつれ、60歳以上の労災事故が増加している。特に転倒による事故が多い。行政や企業も…

    (2019年01月11日 16:00)

  • 認知症の行方不明調査 家族の6割経験 初期で介護軽い時期に

     ◇早期発見のカギ、特徴の事前登録制度 公益社団法人「認知症の人と家族の会」(本部・京都市)は昨年12月、行方不明になった認知症の人について調査した結果を発表し…

    (2019年1月11日 16:00)

  • 連載童話「ハニーのために」出版 最期寄り添うまでを加筆

     毎日新聞の連載童話「読んであげて」で昨年5月に掲載した「ハニーのためにできること」(楠章子・文)が、老犬ハニーと小学生のふたばのその後を加筆し、出版された。絵…

    (2019年01月11日 16:00)

  • 女の気持ちペングループ会報 「平成を顧みて」

     毎日新聞の人気コラム「女の気持ち」の投稿者と愛読者でつくる親睦団体「女の気持ちペングループ」が会報(第250号、神戸会編)=写真=を発行した。平成の時代が終わ…

    (2019年01月11日 16:00)

  • 名作多い売れ筋絵本

     本や雑誌の売り上げは減少する一方だが、絵本や児童書の売り上げは増加傾向にある。多くの絵本を刊行している出版社5社に、「昨年最も売れて、今年も売れそうな絵本」を…

    (2019年01月11日 02:03)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです