メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

季語刻々

  • たつぷりと時間ある日の栗ご飯

     ◆昔 ◇たつぷりと時間ある日の栗ご飯 田上比呂美 この栗ご飯、うまそう。わが家でもヒヤマさん(妻)が栗をむいて栗ご飯を何度か炊いた。栗をむく彼女は、「ああ。肩…

  • 秋の暮山脈いづこへか帰る

     ◆昔 ◇秋の暮山脈いづこへか帰る 山口誓子 秋の日の暮れやすさを、かつて「釣瓶(つるべ)落とし」と表現した。「日本国語大辞典」はこの釣瓶落としについて、「現代…

  • 夕暮を部屋いつぱいに入れて秋

     ◆今 ◇夕暮を部屋いつぱいに入れて秋 藤原暢子 「部屋いつぱいに入れて」がいいなあ。たっぷりと秋の夕暮れが来ている。句集「からだから」(文学の森)から引いたが…

  • 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

     ◆昔 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規 近代のもっとも有名な句がこれだが、どうして有名になったのか。柿を食えば鐘が鳴るという情景が意外だからであろう。さら…

  • 無器用な男と暮らし柿の秋

     ◆今 ◇無器用な男と暮らし柿の秋 巫(かんなぎ)依子 「柿の秋」は柿がたわわに、つまり豊かに実っている秋を言う。その柿の秋に、不器用な男といっしょに暮らしてい…

  • さし上げて獲見せけり菌狩

     ◆昔 ◇さし上げて獲(えもの)見せけり菌狩(きのこがり) 黒柳召波(しょうは) 菌狩はキノコ狩り。「山に行って茸(きのこ)を探してとること」(広辞苑)だが、桜…

  • ゐどころを探してきのこ日和かな

     ◆今 ◇ゐどころを探してきのこ日和(びより)かな 川越歌澄 季語「きのこ日和」はキノコ狩りに行きたいような秋の上天気を言う。同じような季語に菊日和、柿日和など…

  • かかる日のまためぐり来て野菊晴

     ◆昔 ◇かかる日のまためぐり来て野菊晴(のぎくばれ) 富安風生(ふうせい) 野菊晴れとは野菊があちこちに咲いているおだやかな日和。野菊日和とも言う。柿の場合だ…

  • こころせよ野菊の青は暮れやすい

     ◆今こころせよ野菊の青は暮れやすい 渡部ひとみ 野菊とは山野に自生するノコンギク、ノジギク、ヨメナなどの菊類の総称だ。色も白、黄、紫、青といろいろだが、私の場…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです