メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にじ

  • にじ 夏に向かって /愛知

     3月11日。9年前に東日本大震災が起こった日だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、史上初のセンバツ中止が決まった日になった。 2019年秋の明治神宮大会…

  • にじ 使い捨てカイロ /愛知

     事件記者の仕事の一つに、警察官の帰りを待って話を聞く「夜回り」がある。先日、夜回りをしていた時のこと――。 春が近づいたとはいえ、夜は冷え込む。地面の冷たさが…

  • にじ 青春の記憶 /愛知

     高校時代、サッカー部に所属していたが、控え選手だったので、最後の試合に出られず悔しい思いをした。20年以上がたった今でも、その時の光景や感情がよみがえることが…

  • にじ 別の世界 /愛知

     習い事の多い幼少期を過ごした。ピアノ、乗馬、ジャズダンス、水泳、テニス、体操……。まだあるが、身についたものは何一つないので省略する。 母になった今、子どもの…

  • にじ ボートレース /愛知

     大津市で行われたボートレースで八百長をして現金を授受したとして、元選手ら2人が名古屋地検特捜部に逮捕された。事件を機に競艇について調べた。公営競技には縁がなか…

  • にじ 古い取材資料 /愛知

     先日、普段の仕事場である愛知県警記者クラブの部屋の大掃除をした。部屋の隅にある古びた段ボール箱が目に留まった。色あせ、もう何年も誰も触っていないと思われる。何…

  • にじ 近所のばあば /愛知

     2歳の娘には3人の「ばあば」がいる。西日本に住む祖母2人と、育児を助けてくれる近所の女性だ。私は近所の女性を名前で呼ぶが、娘は祖母の様子を重ねたのか「ばあば」…

  • にじ 帰り道 /愛知

     学童保育で小学生の娘を引き取った後の帰り道は、唯一じっくり話せる貴重な時間だった。笑いながら歩いた日もあったが、ドアを乱暴に閉めて登校した時など、朝、注意でき…

  • にじ 日本代表の健闘に感動 /愛知

     ラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本代表は惜しくも南アフリカに敗れたが、初の決勝トーナメントに進出するなど大健闘を見せてくれた。 高校時代に所属したラグビー…

  • にじ 実名報道について /愛知

     「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)で7月に起きた放火殺人事件では、被害者の実名報道の是非が議論になった。被害者の名前を警察が公表する際、遺族が…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  2. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 「経済的にしんどかった」 40万円着服容疑で津市職員を告訴 三重

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです