メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

  • 受信料義務化、議論慎重に

     NHKと視聴者の関係を揺るがす議論が急浮上した。総務省が16日に開いた、NHKの在り方を議論する有識者会議で、重要な制度改正の検討要請が同会議にされたのだ。焦…

  • ドラマでムーブメントを

     キー局の秋の番組改編で、個人的に注目したのはドラマを巡る動きだ。テレビ東京は、秋元康企画のドラマ「共演NG」に力を入れる。全社横断的にドラマをプロモーションす…

  • 今の世に問う言葉

     NHK連続テレビ小説「エール」は現在、戦時中を描いている。先週分では太平洋戦争が始まり、主人公の裕一(窪田正孝)は戦時歌謡の作曲で忙しい毎日だ。一方、妻の音(…

  • 心を動かす間と息づかい

     8月9日に放送されたNHKスペシャル「渡辺恒雄 戦争と政治~戦後日本の自画像~」を見た。戦後政治を長年見つめてきた読売新聞グループ本社代表取締役主筆の渡辺恒雄…

  • NHKのネット進出に波紋

     1月に就任したNHKの前田晃伸会長の目指す方向が見えてきた。8月に発表した2021~23年度の中期経営計画案では、高市早苗総務相(当時)の改革要求などを踏まえ…

  • ネットで誘う深夜のラジオ

     若者の「ラジオ離れ」は、「テレビ離れ」より深刻と言われる。3月発表のNHK放送文化研究所の昨年11月の調査では、ラジオの週間接触者率(週に5分間以上ラジオを聴…

  • 心の居場所、ラジオの中に

     子どもの自殺が多い夏休み明けの9月。テレビや新聞などが「一人で抱え込まないで」と呼び掛ける中、心に残った番組がある。TOKYO FMの「SCHOOL OF L…

  • 自ら降板、残るモヤモヤ

     7月末、MBS(大阪市)のラジオ番組「アッパレやってまーす!水曜日」(午後10時)の生放送中、レギュラー出演のタレント、小倉優香が「辞めさせてください」と自ら…

  • 戦争を伝え続ける意義

     「広島や長崎の原爆のニュースを流すと視聴率が急落する」。テレビ関係者から視聴データに基づく話として聞いたことがある。テレビでは8月、原爆など戦争について伝える…

  • 原爆の悲劇 世界に配信

     有意義な1時間22分だった。動画配信サービス「Hulu(フールー)」で2日から配信中のドキュメンタリー「ヒロシマ・ナガサキ:75年前の真実」を見た。第二次世界…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです