メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・トピックス

  • もみの家

     不登校になった都会暮らしの16歳の彩花(南沙良)が、問題を抱えた若者たちを受け入れる宿泊型施設“もみの家”に預けられる。これまでとまったく違う田舎での日常、見…

  • 弥生、三月 -君を愛した30年-

     自分が正しいと思ったことを貫くまっすぐな性格の弥生(波瑠)と、サッカー部で活躍し、いつも人を楽しませる陽気な太郎(成田凌)は、互いを意識しながらも、太郎に想(…

  • ジョン・F・ドノヴァンの死と生

     ジャーナリストのオードリー(タンディ・ニュートン)が取材することになったのは、ある本の出版を控えた新進俳優のルパート(ベン・シュネッツァー)。その本には幼い頃…

  • 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

     1969年5月13日、東大全共闘が駒場に三島由紀夫を招いた討論会のドキュメンタリー。1月の東大全共闘による安田講堂占拠と敗北、翌年11月25日の自衛隊市ケ谷駐…

  • ジュディ 虹の彼方に

     「オズの魔法使」のドロシー役などで脚光を浴び、ミュージカル映画のスターとして活躍していたジュディ・ガーランド。30年後のジュディ(レネー・ゼルウィガー)は度重…

  • シェイクスピアの庭

     演出家、俳優として数々のシェークスピア原作の舞台や映画に携わってきたケネス・ブラナーが、監督・主演を兼任し、シェークスピアの晩年を映画化した。1613年、「ヘ…

  • 子どもたちをよろしく

     日本映画にも少しずつ社会に目を向けた作品が作られ、観客も集めるようになってきた。本作は元文部科学官僚の前川喜平と寺脇研が企画に名を連ね、子どもたちをこのままに…

  • ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

     仕事一筋で生きてきた老美術商のオラヴィ(ヘイッキ・ノウシアイネン)は、長年音信不通だった娘に頼まれ、職業体験のため孫息子を預かる。そんな中、オークションハウス…

  • スキャンダル

     2016年、米保守系テレビ局FOXニュースで起きた、CEOのロジャー・エイルズによるセクハラ事件を映画化した実録ドラマだ。看板キャスターのメーガン・ケリー(シ…

  • ダンサー そして私たちは踊った

     ジョージアの国立舞踊団で幼い頃からハードな稽古(けいこ)に励み、レストランで働きながら家計を担っている青年、メラブ(レヴァン・ゲルバヒアニ)。舞踊団に新しく入…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです