メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

  • 囚われた国家 異星人に隷属する暗喩

     エイリアンに侵略され、その支配下に置かれたアメリカを舞台にしたSF映画。よくあるハリウッド映画か、と侮ってはいけない。2011年の「猿の惑星:創世記」で往年の…

  • ハリエット 解放の英傑、神々しく

     19世紀に奴隷解放運動家として活躍したハリエット・タブマンの伝記映画。当時としては超高齢の93年の人生のうち、奴隷主の元から脱走し、解放運動のカリスマ的存在に…

  • コロンバス 建築の美、小津の味で

     モダニズム建築と小津安二郎監督への愛情にあふれた映画。米中西部の小都市コロンバスで出会った一組の男女の数日間を、淡々と描く。日本映画の雰囲気も漂わせた、ちょっ…

  • レ・ミゼラブル 貧困の犠牲、同じ地で

     ビクトル・ユゴーの小説と同じ、パリ郊外のモンフェルメイユが舞台。映画の冒頭、サッカーのワールドカップでフランスが優勝し、熱狂した人々が凱旋(がいせん)門周辺を…

  • ミッドサマー 白夜の夢、揺らぐ正邪

     奇怪な集団が支配する共同体に迷い込んだ学生たちが、次々と殺されてゆくホラー映画。ではあるが、怖いというよりあっけにとられると言った方がぴったりくる。「ヘレディ…

  • Red 痛切な哀感の漂う愛

     豪雪の夜、新潟から東京に車を走らせる男と女。ヘッドライトが生のともしびのように闇を照らし、吹雪が先を阻む。2人の情熱と孤独が交錯する。道行きを思わせつつ、映画…

  • 37セカンズ しなやかに壁を破る

     身体に障害があり車椅子の生活をする23歳の女性ユマ(佳山明)の物語。障害のある人が登場する映画は、とかく障害者自身よりも周囲の人の見方や接し方、その変化を問う…

  • 嘘八百 京町ロワイヤル 織部の傷、ゆがみを今

     いわゆる「バディーもの」のコメディー「嘘(うそ)八百」(2018年)の続編。さえない目利きの古物商の則夫(中井貴一)と、腕はいいがくすぶり続ける陶芸家の佐輔(…

  • his 弱くても逃げずに歩む

     「愛がなんだ」「mellow メロウ」など次々と恋愛映画を発表している今泉力哉監督が、初めて本格的に同性愛を描いた作品だ。いつものように登場人物は、不器用で弱…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです