メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

シネマの週末・この1本

  • ロケットマン 光と影、ヒット曲に乗せ

     ミュージシャンの伝記映画は数知れず。ジャニス・ジョプリンもジム・モリソンもボブ・ディランもレイ・チャールズもエミネムも、みんな映画になった。優れた作品も多いの…

  • 風をつかまえた少年 知識を求め届けた希望

     米国の奴隷制度を描いた「それでも夜は明ける」で主演したキウェテル・イジョフォーの初監督作品。実話の映画化で、貧困に苦しむアフリカの今を訴える。 2001年、ア…

  • よこがお 行き違う感情、静かに

     「さようなら」「淵に立つ」などで、社会と切り結びながら人間の心の奥深く分け入る深田晃司監督。この新作では、社会から理不尽に追い詰められる主人公を冷静に見つめて…

  • トイ・ストーリー4 未知の世界、決断の時

     世界初のフルCG長編アニメ「トイ・ストーリー」第1作が誕生したのは1995年のこと。その革新性は話題をさらったが、劇中のおもちゃに魅了された観客の心に刻まれた…

  • Girl/ガール 勇敢に挑む姿、繊細に

     映画はアウトローのものだから、たいていの主人公は世の少数派だ。LGBTQも、しばしば描かれてきた。この映画の主人公ララは、体は男性で心は女性、バレエダンサーの…

  • 凪待ち 弱き者、それでも前を

     海風と陸風が交代する夕刻に、海岸地方で風がやむことを「夕凪(ゆうなぎ)」という。夕凪の時を願う、「望み」の映画である。ダメな人を生身の人間として描き、決して排…

  • ペトラは静かに対峙する 毒ある神話的家族劇

     ◇ペトラは静かに対峙(たいじ)する 後味の悪いミステリー“イヤミス”は一ジャンルをなすほどの盛況だが、後味の悪いシネマ、映画も一大派閥、さしずめ“イヤシネ”。…

  • 長いお別れ 家族結ぶ認知症の父

     認知症患者が主役だが認知症の映画ではないし、崩壊してゆく人間を描いても悲惨ではない。前作「湯を沸かすほどの熱い愛」で、死を前にして家族を再生させる母親を描いた…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです