メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・チャートの裏側

  • コナンが呼ぶざわめき

     映画の上映が終わる。場内が明るくなるや、客席から一斉に大きなざわめきが聞こえてきた。多くの観客が、同伴の人に何事かを語り始めたのだ。笑顔も、あちこちに見える。…

    (2019年4月19日 14:44)

  • 救世主はドラえもん

     大作などの新作ラッシュも一段落したので、春興行を少し振り返る。トップは「映画ドラえもん のび太の月面探査記」だ。最終興行収入50億円を超える可能性がある。昨年…

    (2019年4月12日 12:27)

  • 若者層に弱いダンボ

     今年は、ディズニー作品の当たり年になるはずだが、それほど甘くはない。春興行期待の「ダンボ」が、もう少しだ。最終興行収入で、15億円超えは難しいだろう。ディズニ…

    (2019年4月5日 14:43)

  • ドラえもん28億円突破

     1位の「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は土日2日間で26万2000人を動員し、4週連続の1位となった。累計の動員数は245万人、累計興行収入は28億円を…

    (2019年3月29日 14:11)

  • 伸びるかマーベル新作

     マーベル映画の新作「キャプテン・マーベル」が好スタートだ。最終興行収入で、20億円以上は大丈夫だろう。ただ一方で、これでは足りないという見方もできる。期待値が…

    (2019年3月22日 12:45)

  • 老人が挑む西部劇か

     クリント・イーストウッドの監督・主演作である。こう明記しただけで心を揺さぶられ、多くはないが、映画館に足を運ぼうとする人たちが、この国にはいる。今回は、その枠…

    (2019年3月15日 14:53)

  • “大衆映画”の神髄

     今年のアカデミー賞で作品賞を受賞した「グリーンブック」が、会心のヒットだ。最終の興行収入で、20億円も視野に入るというから少し驚く。1960年代はじめの米国。…

    (2019年3月8日 12:45)

  • 自虐ネタ楽しめる埼玉人

     「翔んで埼玉」がヒットだ。最終興行収入で10億円台半ばが狙える。埼玉県や埼玉県人が侮蔑や愚弄(ぐろう)を受けるコメディーだが、これが県内の劇場では他地区を圧し…

    (2019年3月1日 14:31)

  • すみ分けのうまい東宝

     「フォルトゥナの瞳」が1位を獲得した。ヒットの目安の興行収入10億円超えが射程に入った素晴らしいスタート。 百田尚樹の小説が原作のラブストーリーである。事前の…

    (2019年2月22日 13:02)

  • アメコミと良心、明暗

     洋画大作で、明暗が分かれた。「アクアマン」と「ファースト・マン」だ。このタイトルだと、なかなか中身のイメージが湧きにくいという人も多かろう。前者が、海底生物た…

    (2019年2月15日 14:29)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです