メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やごろうどん

  • 社会の安全装置 /鹿児島

     想像してみてほしい。39年間無実を訴え続けながら、雪冤(せつえん)の機会をを奪われ続けている原口アヤ子さん(90)の無念を。 1979年に起きた「大崎事件」で…

  • 鹿児島の土 /鹿児島

     4月から福岡に異動する。鹿児島に赴任して4年。東シナ海に沈む夕日や噴煙を上げる桜島、鹿児島で生きる人々に、多種多様な焼酎……離れるにあたり、寂しく思う。 鹿児…

  • 現地の実情 /鹿児島

     「溶岩が流れ出たり火山灰が降ったのは事実。一方で普段通りの生活が続いているというのも事実」。鹿児島、宮崎県境の新燃岳から約6キロ離れた場所にある霧島温泉郷で、…

  • ロヒンギャ /鹿児島

     銃で撃たれ血が噴き出る人々や、焼き打ちにあった村--。ミャンマー西部に住む少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の子どもたちが描いた絵を、ユニセフ(国連児童基金)が…

  • ワイド 自戒 /鹿児島

     今秋、県内各地でカメムシが大量発生した。ネットには、窓や街灯に群がる、おびただしい量のカメムシの写真が盛んに投稿され、県外のテレビニュースでも取り上げられたほ…

  • 社会復帰への切符 /鹿児島

     鹿屋市の国立ハンセン病療養所「星塚敬愛園」で暮らしていた日野弘毅さんが10月、老衰のため83歳で亡くなった。今月9日に「しのぶ会」が園内であり、ゆかりの人たち…

  • ワイド 立会演説会のススメ /鹿児島

     10月22日、衆院選が投開票された。2014年の前回選以降、憲法違反の指摘も根強い安全保障関連法が成立し、「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を設ける改…

  • 防災対策 /鹿児島

     九州電力が、災害時の避難に支援が必要な住民のための福祉車両35台を、川内原発から30キロ圏内の9市町に追加配備すると発表した。原子力災害などへの対策強化は進ん…

  • 市政座談会 /鹿児島

     出水市政について、渋谷俊彦市長が直接説明し、市民の意見を聴く市政座談会が13日夜、米ノ津公会堂から始まった。 市長は、赤字が膨らむ出水総合医療センターについて…

  • 今度こそ /鹿児島

     1979年、大崎町の農家の牛小屋で男性の遺体が見つかった「大崎事件」。主犯格とされ、10年の服役を終えた原口アヤ子さん(90)は、今も無実を叫び続けている。 …

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです