メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

  • 帰ってきた魚=本多竹志 /北海道

     「孫に古里の川を見せたい」。美幌町の「駒生(こまおい)川に魚道をつくる会」は、会長の橋本光三さんの思いから始まった住民運動の会だ。 今から8年前のこと。かつて…

    (2019年4月14日 10:44)

  • 変わらずにいたいこと=日下部元美 /北海道

     「日下部さんて俺らより信じてるもの若いって思う時あるんですよね」。新聞記者になって2年目の春、しばしば取材していた高校野球の元球児から言われた。 球児と聞けば…

    (2019年4月7日 11:07)

  • 生ゴミが招く悲劇=本間浩昭 /北海道

     北方領土・択捉島の紗那に数年前、新たな夜のデートスポットが生まれた。市街地から数キロ離れたゴミ捨て場だ。生ゴミ目当てのヒグマが、多い夜には10頭以上群がり、若…

    (2019年3月31日 10:45)

  • リハビリキャラバン=安達恒太郎 /北海道

     「脊柱(せきちゅう)靱帯(じんたい)骨化症」という難病がある。道内患者らで作る友の会(増田靖子会長)は、医師や病院が少ない「医療過疎地」に暮らす難病患者らを対…

    (2019年3月24日 13:02)

  • もう一つの教訓=真貝恒平 /北海道

     今から20年ほど前、JR札幌駅の高架下で十数人の路上生活者がテント暮らしをしていた。通称「テント村」。バブル経済が崩壊し、北海道拓殖銀行が破綻したころだ。 当…

    (2019年3月17日 11:15)

  • 天災より怖いのは=阿部義正 /北海道

     「天災は忘れた頃にやって来る」。物理学者で随筆家の寺田寅彦の言葉という。胆振東部地震が起きたのは半年前の昨年9月。先月21日夜に大きな余震で再度揺さぶられ、改…

    (2019年3月10日 10:56)

  • がんばれ!矢後関=鈴木斉 /北海道

     新入幕の大相撲初場所で9勝を挙げて勝ち越した芽室町出身の矢後関(24)=尾車部屋=は身長186センチ、体重176キロの巨体だ。本名は矢後太規。芽室西中を卒業し…

    (2019年3月3日 13:12)

  • やせるゴミ箱=福島英博 /北海道

     結氷していた苫小牧市郊外のウトナイ湖がゆるみ始めた。オオハクチョウ目当ての行楽客は多いが、意外なところに着目する客もいる。道の駅ウトナイ湖のゴミ箱だ。名付けて…

    (2019年2月24日 12:10)

  • あふれる愛=竹内幹 /北海道

     人気グループ「嵐」など芸能人やスポーツ選手の引退・活動停止のニュースが続いている。個人的には特に思い入れのある人もおらず、いつも感慨は感じてこなかった。 昨年…

    (2019年2月17日 10:32)

  • 虹と雪のバラード=三本木香 /北海道

     札幌では今月から地下鉄26駅で、1972年札幌冬季五輪のテーマ曲「虹と雪のバラード」を車両の到着メロディーとして流している。55歳の私にとっては懐かしい旋律だ…

    (2019年2月10日 12:23)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです