メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一筆半歩

  • 中高年と「鬼滅の刃」=三本木香 /北海道

     11月25日のスポーツ面で、プロ野球日本シリーズのソフトバンク対巨人戦の結果を伝える記事に、こんな見出しが躍っていた。「ムーア零封 G滅の刃」「巨人 暗雲の無…

  • 工場がなくなる=平山公崇 /北海道

     製紙大手の日本製紙が釧路工場の紙・パルプ事業からの撤退を発表した。釧路市の経済をけん引した基幹産業の一つ、操業から100年続く工場。私自身が今春まで暮らしてい…

  • 数字を追うだけでなく=土谷純一 /北海道

     11月に入り、新型コロナウイルス関連以外の取材はほとんどできていない。連日3桁の感染者が報告され、各自治体や企業から送られてくる1日100通近いプレスリリース…

  • 固定観念を外して=貝塚太一 /北海道

     今月4日、平年より遅い初雪の便りが届いた。我が家の周りは積もるほどではなく、4月に大阪から移住してきた子どもたちは落胆していた。これから嫌でも雪に覆われる季節…

  • 悩ましい球数制限=三沢邦彦 /北海道

     今年の秋季高校野球の道大会を制した北海の平川敦監督は「非常にやりづらかった」と語った。新たにルール化された球数制限への対応のことだ。 日本高野連は投手の健康を…

  • 「新たな旅、新たな学び」=山下智恵 /北海道

     悲しみの記憶を持つ土地を巡る旅を「ダークツーリズム」と呼ぶ。北海道の近現代史に焦点を当てたこのツアーが10日、三笠市であった。戦後補償などについて学ぶ講座を開…

  • 鉄路維持に歩み寄りを=渡部宏人

     JR石勝線夕張支線の廃線から1年半。廃止前後で何が変わったかとの記者の質問に、清水沢駅で最終列車のお別れセレモニーに参加した夕張市OBの上木和正さん(70)は…

  • 急ぎたい支援の仕組み=本多竹志 /北海道

     7月の九州豪雨で浸水した植物標本の復元を支援している美幌博物館への取材で、気になる話を聞いた。被災地ではライフラインの復旧や被災者のケアなどが最優先される。標…

  • 理解への一歩=高橋由衣 /北海道

     「一過性のブームで、子どもたちが見せ物になってほしくない」。アイヌ民族にルーツを持つ児童が大半を占める平取町立二風谷(にぶたに)小の教諭は、そうこぼす。 漫画…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです