メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

  • 不屈の「かくれ家」 /広島

     炭小屋、ピザ窯、カブトムシ飼育場、広場……。地域のお年寄りたちが「大人のかくれ家」と称してコツコツと整備し、子どもたちの歓声が響いていた場所は、岩だらけの斜面…

  • なお続く「原発事故の後始末」 /栃木

     東日本大震災から、まもなく8年9カ月になる。先日、東京電力福島第1原発と、その周辺を取材する機会があり、驚いたことがあった。 福島県楢葉町を主な拠点にするJヴ…

  • 陽だまりのような場所 /愛媛

     「雲の向こうはいつも青空」「辛(つら)くて悲しい そんな日は“大丈夫”“大丈夫”と言ってみる」「毎日が笑顔でいられるように」――。 四国がんセンター(松山市南…

  • 介助犬を再アピール /兵庫

     毎日新聞阪神支局と宝塚市、宝塚市教育委員会が主催する「第21回身体障害者補助犬シンポジウム」が14日午後1~3時、宝塚市立中央図書館(阪急清荒神駅南口下車すぐ…

  • 創業記念館 /京都

     精密機械の開発で世界に誇るオムロン(京都市下京区)の創業記念館を訪ねました。京都市右京区の閑静な住宅地にある創業者、立石一真さん(1900~91年)の自宅敷地…

  • 相次ぐイノシシ出没 /香川

     高松市中心部にイノシシが相次いで出没しています。山間部ならともかく、市街地では、遭遇した人はパニックになってしまいます。10月13日朝に高松駅に現れた時には、…

  • ああ龍馬 /高知

     11月15日が何の日か、高知に来るまで知りませんでした。今年は184回目の誕生日、そしてこの日は命日でもあります。小説やドラマで何度も取り上げられ、空港の名前…

  • 家族のかたち /愛媛

     新聞の何気ない記事に、時々ギョッとすることがあります。22日付本紙愛媛面の、県警の通信指令競技会の様子を伝える記事がまさにそれ。その中の一文にひっかかりました…

  • 「起業家」×福祉事業 /和歌山

     その青年社長は「起業家」と呼ばれることに、少し違和感を持っているかもしれません。勝股知也さん(32)が先頭に立つ「株式会社わかまち」は、重い障害があり医療的ケ…

  • 「喜びも悲しみも」瀬戸の海 /香川

     今月に入り、瀬戸の海の明暗を分ける出来事が続きました。明るい話題は、「瀬戸内国際芸術祭2019」の来場者数が過去最多になったこと。暗い話題は、宇高航路(高松―…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです