メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

  • ラグビー指導者の思い /和歌山

     会場には昨年と違う緊張感が漂っていました。和歌山市内で8日にあった全国高校ラグビーフットボール大会県大会の組み合わせ抽選会。県高体連ラグビー専門部の瀬越正敬委…

  • 2人の騎士道 /岐阜

     初対面の男性が支局へ12日付の朝刊を買いに来られました。聞くと、「高齢者助け感謝状 朝日大の中嶋さん、林さん 救命措置の知識生かす」という記事が欲しい、と。助…

  • ビアガーデンの新光景 /香川

     夏の風物詩、ビアガーデン。これまで毎年、楽しんできました。コロナ禍の今夏も、感染症対策を施した店はないかと探し、妻と一緒に2軒行きました。いずれも料理はビュッ…

  • 義母の藍 /徳島

     ◇義母(はは)の藍 「多くの人に体験してもらい、『藍染めって楽しいな』と思ってもらえたら。それぞれの人が藍に対して持つ思いを実現させることができるような場にな…

  • 変わる広島駅の記録 /広島

     建て替え工事が始まっているJR広島駅を訪れると、南口広場に面して張り巡らされた工事用の仮囲いに、広島の歴史をたどる写真が数多く掲示されているのが目に留まるでし…

  • JU米子高島屋の挑戦 /島根

     地方百貨店に厳しい時代です。今年8月末に「そごう徳島店」が閉店し、徳島は山形に次いで2例目の「百貨店空白県」となりました。同じ8月末に私の出身地でもある大津市…

  • 再び響く、鐘の音 /京都

     梵鐘(ぼんしょう)の音が、深い木立に再び響きわたりました。 京都市北西部、雲ケ畑地区(北区)の寺院、岩屋山志明院(しみょういん)を訪ねました。各地に大きな被害…

  • 「陽の先生」に合掌 /栃木

     「これ、書けよ」。それが「先生」の口癖だった。少なくとも私に対しては。前回(7月20日)のこの欄で、3月に死去した渡辺文雄元県知事について「射るような目」と書…

  • 国宝に/上 松江城の記憶 /高知

     見覚えのあるのぼり旗です。高知市内に掲げられ、「高知城を国宝に」と記されています。思い出すのは、強烈な記憶。島根県の松江城が、2015年7月に国宝となる前の情…

  • 勇魚よ/5止 郷土の宝 /高知

     昨年7月、商業捕鯨が再開されました。国は日本近海での対象を3種の鯨に限り、捕獲上限や海域を指定しています。最多はニタリクジラの年間187頭で、紀伊半島より東の…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです