メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

  • 住みたい田舎1位 /愛媛

     「LOVE SAIJO」のキャッチコピーで売り出す西条市が、快挙を達成しました。今月発売の月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の企画「2021年版住みたい田舎ベ…

  • 「近助」の地図 /広島

     地域の未来を託された子どもたち13人による力作でした。全国の優れた防災教育を顕彰する「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞=毎日新聞社など主催)の2020年度…

  • 保育士の新年 /香川

     香川でコロナへの危機感が一気に高まったのは、2020年4月に高松市立の保育所が県内初のクラスターになった時ではないでしょうか。前回のこのコラムでは友人の医師の…

  • さらば湊山球場 /島根

     第93回選抜高校野球大会の出場校が決まる選考委員会が29日に迫っています。山陰両県に候補校があり、ドキドキします。 そのセンバツで、というか春夏を通じた山陰勢…

  • 「ほなぁ頼むわ」 /岐阜

     年末に同僚から電話があり、かつての上司、Tさんが71歳で亡くなったことを知りました。私が入社して着任した神戸支局の最初のデスクで、さらに次の異動先の広島では支…

  • ここにも旅人 /高知

     高知市の交通公園近くに目を引く2階建てがあります。車で前を通るたび、手作りの青い看板が気になっていました。どこか怪しげ、でも楽しそう。高知なら誰もが知るタウン…

  • 不配をおわびします /福井

     記録的な大雪で多くの被害が出ました。お見舞い申し上げます。また、嶺北を中心に毎日新聞の不配、遅配が続出したことをおわびします。国道8号などで新聞の輸送トラック…

  • 湯浅先生の思い出 /徳島

     あけまして、おめでとうございます。予想通りと言うべきか、新型コロナウイルスのせいで全世界的にお祝いムードに欠けた年越しとなってしまいました。徳島で経験する正月…

  • コロナ禍、医師の新年 /香川

     コロナ禍のまま、新年を迎えました。全国で感染拡大が続いています。私は年末年始、山口へ帰省するかどうか迷い、結局、香川で過ごしました。読者の皆さんも、これまでと…

  • 異例の新年を迎えて /広島

     新年が明けましたが、めでたい気分になれない話題が続きます。新型コロナウイルス感染の急拡大で首都圏では緊急事態宣言の再発令に至り、先んじて飲食店への時短営業が要…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです