メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

  • 甲子園の魔物-高校野球の聖地で起きた数奇な物語 /京都

     <活字を楽しむ> (楊順行・著 ベースボール・マガジン社、1500円(税抜き)) 今夏、100回の歴史的な節目を迎える全国高校野球選手権。京都大会の組み合わせ…

    (2018年6月17日 15:11)

  • 京都の花街-芸妓・舞妓の伝統美- /京都

     <活字を楽しむ> (写真・溝縁ひろし 光村推古書院、2800円(税抜き)) 4月に京都支局に赴任して以来、これまで全く関わりのなかった花街の世界に取材を通して…

    (2018年5月27日 15:17)

  • 13・67 /京都

     <活字を楽しむ> (陳浩基・著、天野健太郎・訳 文芸春秋、1850円(税抜き)) 香港人の推理・SF作家、陳浩基のミステリー。タイトルの「13・67」は、20…

    (2018年5月20日 15:40)

  • グッバイ、レニングラード /京都

     <活字を楽しむ> (小林文乃・著 文藝春秋、1700円(税抜き)) ロシア第2の都市、サンクトペテルブルク。旧ソ連時代「レニングラード」と呼ばれたこのまちは、…

    (2018年5月13日 13:23)

  • 英傑-西郷隆盛アンソロジー- /京都

     <活字を楽しむ> (池波正太郎、国枝史郎ほか著 新潮社、520円(税抜き)) 今年は「明治(維新)150年」だ。幕末の動乱で主な舞台になったのが京都。鳥羽・伏…

    (2018年4月22日 14:59)

  • 桜のいのち 庭のこころ /京都

     <活字を楽しむ> (佐野藤右衛門・著 ちくま文庫、700円(税抜き)) 4月初旬、春の陽気に誘われて、息子たちを連れて広沢池(京都市右京区)に車で向かっている…

    (2018年4月15日 13:36)

  • 深ぼり京都さんぽ /京都

     <活字を楽しむ> (グレゴリ青山著 集英社インターナショナル、1080円) 「京都、知らんことだらけ」。京都市中京区の壬生(みぶ)で生まれ育った著者で漫画家の…

    (2018年4月8日 15:54)

  • 菜園家族レボリューション 日本国憲法、究極の具現化 /京都

     <活字を楽しむ> (小貫雅男、伊藤恵子著 本の泉社、1200円) 著者の小貫雅男さんと伊藤恵子さんは「菜園家族構想」を掲げている。大地に根差して生きてこそ「人…

    (2018年4月1日 15:04)

  • 魚仲卸を天職にした男 京都市中央卸売市場で66年 /京都

     <活字を楽しむ> (池本周三著、ふたば書房、1200円(税抜き)) 「魚屋人生に悔いなし」--。京都全魚類卸協同組合理事長、池本周三さん(82)=宇治市=が6…

    (2018年3月25日 16:12)

  • 「高齢ドライバー」 /京都

     <活字を楽しむ> (所正文・小長谷陽子・伊藤安海共著、文春新書、830円(税抜き)) 警察担当として、何度も高齢者の交通事故や警察による高齢者向けの安全対策の…

    (2018年3月18日 14:44)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです