メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

世界を取材するフリージャーナリストの西谷文和さんが、各地のエピソードをつづります。

  • 謎多きスラムの牛乳ATM

     地震で北海道がブラックアウトになった。広い北海道で1カ所の火力発電に頼りきった体制。その発電所が止まったために急激に電気の供給量が落ちて、需要とのアンバランス…

    (2018年09月21日 16:29)

  • 戦争と平和 分ける国境

     1998年11月、陸路でカンボジアに入った。当時はまだポルポト派の残党がタイの国境周辺に潜んでいて、銃撃戦が起きることもあった。バンコクから汽車で数時間、国境…

    (2018年09月07日 17:32)

  • ヘイトスピーチに人が狂えば

     約100万人が犠牲になったルワンダ大虐殺。悲劇の引き金を引いたのは極右のラジオ局だった。「ツチはゴキブリだ、殺せ殺せ」「今、ツチを殺さなければ今度はフツが殺さ…

    (2018年08月31日 16:07)

  • メディアがあおった“その時”

     1994年4月に起きたルワンダ大虐殺。その間接的な原因はベルギーだった。宗主国ベルギーは国民をフツ族とツチ族に二分し、互いが憎しみ合うように仕向けた。独立後も…

    (2018年08月17日 15:48)

  • 支配逆転 臨界迎える憎悪

     ルワンダはかつてベルギーの植民地だった。ベルギーからの植民者は人々の鼻の高さや身長などを測り、少数のツチ族と多数のフツ族に二分し、この国をわずか人口14%のツ…

    (2018年08月03日 15:36)

  • 見た目で身分差 宗主国の罪

     ルワンダで1994年4月7日から始まった虐殺は100日間も続いた。1日に1万人もの人々が延々と殺され続けたが、国連平和維持活動(PKO)部隊はこの虐殺を止める…

    (2018年07月20日 16:29)

  • 100日で100万人 ルワンダの虐殺

     惜しかったね、サッカーW杯。日本と対戦したベルギーのエース、ロメル・ルカク選手はコンゴ民主共和国からの移民の子だ。アフリカ中央部に位置するコンゴやルワンダは、…

    (2018年07月06日 16:08)

  • 同じビールが20倍の格差

     アフリカ中西部に位置するアンゴラは、知る人ぞ知る「世界一物価の高い国」。世界生計費調査によれば、食パン1斤3000円、ジーンズ1着2万円、ハンバーガーは1個2…

    (2018年06月29日 17:17)

  • 奴隷制のように戦争もなくせる

     アフリカ大陸中西部に位置するアンゴラ。首都ルアンダは大西洋に面する港町で、黒人奴隷たちが初めてアメリカ大陸に送られたところ。港を見下ろす丘の上に「奴隷博物館」…

    (2018年06月15日 16:27)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです