メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

世界を取材するフリージャーナリストの西谷文和さんが、各地のエピソードをつづります。

  • 今日の小麦が平和を招く

     2010年1月、アフガン東部のジャララバードで中村哲さんと出会い、建設中の運河を案内してもらった。 クナール川の水を砂漠に引き込めば農業ができる。取材時、すで…

  • 乾ける15万人に希望の水路

     2010年1月、アフガン東部のジャララバードで中村哲さんと出会った。医師でペシャワール会の現地代表でもある中村さんは、伊藤和也さん殺害事件後もこの地に残り、「…

  • 命注がれた緑の大地

     2011年1月、アフガニスタンのジャララバードを訪問した。ジャララバードは、西から流れくるカブール川と北からのクナール川の合流点に発展したアフガン東部の最大都…

  • 装甲車が来たら「固まれ」

     2011年1月、アフガニスタンの首都カブールから東へ約150キロ、東部最大の都市ジャララバードを目指した。この町からさらに東へ約150キロ、カイバル峠を越えれ…

  • 油注いで利を得るいびつ

     イスラエルのエルサレムには聖墳墓教会がある。イエス・キリストが処刑されたゴルゴタの丘の跡地に建てられた。教会から延びる小道にはオリーブの木が植えられていて、樹…

  • 切実、戦地の食とトイレ

     「紛争地での食事はどうするのですか?」。よくこんな質問を受ける。イラクやアフガンは治安が安定してきたので、普通にホテルが営業しているしレストランもある。イスラ…

  • 戦争が生んだ現実を見よ

     北イラクの女性保護施設「ジャン・ファウンデーション」には、18人の女性と9人の子どもたちが入所していた。全て「イスラム国(IS)」の支配地域から逃げてきた人々…

  • 解放されども「いまだ闇の中」

     北イラクのクルド人地域の女性保護施設に入所している27人は全てヤジディー教徒。その中でただ一人、私のカメラの前で壮絶な体験を語ってくれた女性がいた。 ラズ・マ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. 優里被告、両親に虐待明かさず 孤立深めたか 目黒虐待3日に母初公判

  4. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです