メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

世界を取材するフリージャーナリストの西谷文和さんが、各地のエピソードをつづります。

  • 混迷する中東で傷つくのは

     2月4日からカタールを経由してイラクに入っている。 アメリカとイランの緊張が高まっている中、両者の主戦場はイラクになる。イランのミサイル攻撃もアメリカの無人機…

  • やまぬ戦禍と理不尽「壁の街」

     新年早々、世界に衝撃が走った。イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官がバグダッド空港を訪れた際に、アメリカの無人機による空爆で暗殺されてしまったのだ。 トランプ米…

  • 貧しさと麻薬の悪循環で

     2011年2月、アフガニスタン西部の町ヘラートに入った。ここまで来ると隣国イランの影響が強く表れてくる。店頭に並ぶ調度品や絨毯(じゅうたん)は、ペルシャ風で、…

  • その引き金を引いたのは誰だ

     アフガニスタン東部で殺害されたNGO「ペシャワール会」現地代表で、医師の中村哲さんは、アフガン人にとっても、私たち日本人にとっても宝物のような人だった。 20…

  • 独で叫ぶ慰安婦という事実

     今年8月「表現の不自由展・その後」が一時中止された問題をめぐって、松井一郎大阪市長が「慰安婦問題はデマ」という「明らかなデマ」を述べた。 これは国際的に見ても…

  • 分断の歴史を語る「公園」

     ドイツの首都ベルリンの市内中心部には巨大な「公園」がある。公園内部は芝生が敷き詰められていて、大きな舗装道路が緑の芝生を貫いている=写真。実はこの場所、ナチス…

  • 人の心に壁は築けない

     ベルリンの壁が崩壊して30年が経過した。あの日、私は深夜テレビにかじりついていた。「これで世界は平和になるぞ」。興奮する私の隣で生後1カ月の娘がすやすやと寝息…

  • 罪と謎抱えIS指導者死す

     先月26日、「イスラム国(IS)」の指導者バグダディ容疑者が殺害された。シリア北西部のイドリブ県に潜伏していたところを米軍の特殊部隊に追い詰められ、トンネルに…

  • タリバンにも響いた9条の心

     2010年2月、アフガニスタンの首都カブールでムタワッキル師の邸宅を訪問した。ムタワッキル師は「穏健派タリバン」と言われていて、タリバン政権時代の外務大臣。ア…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです