メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日俳壇

  • 片山由美子・選

    ◎特選◎今日見れば今日の色して草紅葉 横浜市 菅沼葉二【評】昨日との違いが明らか。一日一日色が濃くなる草紅葉が、深まりゆく秋を思わせる。独り居の秋の簾となりにけ…

  • 小川軽舟・選

    ◎特選◎赤とんぼ家なきことを母知らず 鴻巣市 荻野道宏【評】施設で暮らす母は早く家に帰りたいが口癖。その家はもう処分されてしまったらしい。つつがなく重ねる馬齢草…

  • 鷹羽狩行・選

    ◎特選◎土地の人らしきあとより茸狩 海南市 塚月凡太【評】茸狩で、どこをどう行けばと思っていたら、折よく地元のベテランの後ろ姿を見つけた。下校児の列を乱して赤と…

  • 西村和子・選

    ◎特選◎傾きし朝顔棚になほ二輪 羽生市 小菅純一【評】毎朝目を楽しませてくれたものの、盛り過ぎた余情を愛惜する心。はかないからこそ捨て難い。新涼や一合多く仕掛け…

  • 小川軽舟・選

    ◎特選◎猫の耳色なき風に吹かれをり 松戸市 花嶋八重子【評】古典を踏まえて秋風を「色なき風」と呼ぶ。猫も風雅を味わっているようでおかしい。年金で買ひし補聴器小鳥…

  • 鷹羽狩行・選

    ◎特選◎大の字に父と並んで裸の子 八尾市 中村弘子【評】裸の父と「大の字」になり、並んで昼寝をしているのだろう。それだけで楽しい夏休み。余り苗風呼ぶほどの丈とな…

  • 西村和子・選

    ◎特選◎ボタ山の跡形もなし虫の声 直方市 瓜生碩昭【評】表現上は存在を否定していながら、かつてを知る人には幻のようにボタ山が見えてくる。クラークの言葉嚙み締め鰯…

  • 片山由美子・選

    ◎特選◎秋簾日差し斜めに入りくる 野洲市 宮西ヱイ【評】いささかやつれて見える秋簾に、夏とは違う角度から日差しが入ってくることに気づいたのだ。コスモスやささやき…

  • 西村和子・選

    ◎特選◎秋の灯や眼下に長き港町 長崎市 田中正和【評】平明な表現で大景を描き得た。秋の夜の澄んだ大気が港の灯を際立たせる。飛魚の一閃島を飛び越しぬ 弥富市 富田…

  • 鷹羽狩行・選

    ◎特選◎秋めくや波に寄りそふ波の音 青森市 小山内豊彦【評】暑い海水浴シーズンも過ぎて、波の寄りそう汀(なぎさ)を、一歩一歩踏みしめていることだろう。よろこんで…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです