メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 篠弘・選

    ◎特選◎二階の灯しばし外より眺めいる明日は嫁ぐ三女の部屋の 奈良市 前田耕一【評】娘(こ)が嫁ぐ前夜における父親の寂しさ。いまさら話はせずに、準備をする灯火の明…

    (2018年11月19日 02:08)

  • 加藤治郎・選

    ◎特選◎消しゴムが生きているのは減る時で わたしたちは わたしたちは 武雄市 大橋凜太郎【評】わたしたちは消しゴムのように自らの心身を減らして生きているのか。六…

    (2018年11月19日 02:08)

  • 米川千嘉子・選

    ◎特選◎何ひとつわれの作れぬ食材の生産者を思ふ台風のたびに 取手市 幡谷紀美子【評】台風に気を揉む生産者たち。日常を支えてくれている人々への感謝も、思うだけで何…

    (2018年11月19日 02:07)

  • 伊藤一彦・選

    ◎特選◎「獅子舞の中からくしゃみが聞こえたよ」泣きつつ幼は驚き語る 高知市 藤原靖子【評】幼子が怖くて泣いていた獅子舞の突然のくしゃみ。中には人がいることを知っ…

    (2018年11月19日 02:07)

  • 加藤治郎・選

    ◎特選◎この手がすきよ だってあなたのちんちんが握ったときにおっきくみえる 京都市 岡本沙織【評】自分の手なのだろう。あっけらかんとした性愛の歌だ。促音のリズム…

    (2018年11月13日 02:04)

  • 伊藤一彦・選

    ◎特選◎たはやすく過去と他人は変へられず夜の厨に茶碗を洗ふ 霧島市 久野茂樹【評】過去と他人にこだわらなかったらどんなに楽だろうと思いつつ心は中々そうならない。…

    (2018年11月13日 02:04)

  • 米川千嘉子・選

    ◎特選◎賞状を持ちて歩道橋渡りたり積み上げしものわづかに報はる 東京 吉嶋大二【評】こつこつとやってきた仕事だろうか。「歩道橋」が効果的。一人その喜びを噛み締め…

    (2018年11月13日 02:04)

  • 篠弘・選

    ◎特選◎雨上がる舗道の点字ブロックのイエロー冴えて眩しみて踏む 長野市 大沢喜美子【評】大雨で埃(ほこり)がぬぐわれ、黄色のきわだつ点字ブロック。視覚障害者の作…

    (2018年11月13日 02:04)

  • 米川千嘉子・選

    ◎特選◎青年をわれ演じれば妻もまた乙女を演じているサファイア婚 八幡市 会田重太郎【評】結婚四十五年。若い頃のことを思い出し当時の仕草や会話をしてみたのだろう。…

    (2018年11月5日 02:06)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  5. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです