メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

  • 豊かな静岡を後世に /静岡

     先日、静岡市の梅ケ島温泉へ行ってきた。市街地から車で約1時間かかる雄大な自然の中にある秘境。温泉の軟らかい水質もさることながら、地元のおいしい水で炊いたご飯や…

  • 「記録されている」意識 /静岡

     車間距離を極端に詰めたり、幅寄せを繰り返したりするあおり運転がなくならない。茨城県の常磐自動車道で発生したあおり運転の末の殴打事件では、被害を受けた男性の車に…

  • 地元の富士登山 /静岡

     伊東で暮らしていてありがたいと思うのは、安い共同浴場で連日温泉に入れることと、日本最高峰の富士山(標高3776メートル)が地元にあって行きやすいこと。登山シー…

  • 性の多様性意識して /静岡

     静岡市が6月、全職員約9000人を対象に性の多様性への理解を深めるための研修を実施し、翌月には窓口での対応例などを記載した職員向けガイドラインを県内で初めて作…

  • さくらさんと静岡 /静岡

     「さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました」。突然の悲報だった。昨年8月27日、静岡市清水区出身の漫画家で「ちびまる子…

  • 祖霊祭る日と日の丸 /静岡

     15日でお盆休みが終わった。旧暦や新暦の7月にお盆行事を営む地方もあるし、今年は16日を休みにして連休を決め込む人が多いだろうけれど。お盆の語源はサンスクリッ…

  • 心動かされた応援 /静岡

     東京ドームで7月13~25日に開催された第90回都市対抗野球大会に、ヤマハ(浜松市)が3年ぶりに出場した。七十七銀行(仙台市)と戦った14日の初戦には、同社の…

  • 牧野氏の男泣き /静岡

     ノートを取る手が止まった。参院選の選挙戦最終日の20日朝、島田市の街頭演説で、静岡選挙区の自民現職、牧野京夫氏(60)は顔をくしゃくしゃにして声を詰まらせた。…

  • 浜松市の「やらまいか」 /静岡

     遠州弁で「やってみよう」「やろうじゃないか」という意味の言葉「やらまいか」。小欄でも歴代の浜松支局記者が書いてきた。 浜松商工会議所は、2006年に地域ブラン…

  • 産廃施設と住民投票 /静岡

     御前崎市の遠州灘海岸近くに大型ごみ焼却施設を建設すると、産廃関連業者が市議会に説明したのは2017年12月下旬だった。それから約1年7カ月。本格的な議会審議が…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです