メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた記者日記

  • 黒いサンタの暗躍=酒造唯 /新潟

     サンタは赤白の服と相場が決まっているが、ある町には毎年、スーツ姿のサンタが訪れる。プレゼントに持ってくるのは巨額の寄付金だ。「黒いサンタだわね」。駆け出し記者…

  • かさぶたの下には=浅見茂晴 /新潟

     元直江津捕虜収容所跡地の上越市川原町に1995年建設された平和記念公園が少し緊張感に包まれた。オーストラリア・カウラ市の豪日協会会長のトニー・ムーニーさん(7…

  • そばにいること=南茂芽育 /新潟

     この秋で東京社会部へ異動することになり、大量の資料やノートを整理していると、4年半で出会った多くの方々を思い出した。事件やスポーツ取材も全て心に残っているが、…

  • 東京五輪内定=板鼻幸雄 /新潟

     十日町市出身の服部勇馬選手(25歳・トヨタ自動車)が2020年の東京五輪マラソンの代表に内定した。15日、東京都内で開かれたマラソン代表選考会「マラソングラン…

  • 日本代表・稲垣啓太=北村秀徳 /新潟

     8日、日本開催のラグビー・ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場する新潟市出身のプロップ、稲垣啓太選手(29)が母校の新潟工を訪れ、その様子を取材した。稲…

  • 佐渡金山の見学で=井口彩 /新潟

     8月末、大学時代の友人と佐渡旅行をした。相川地区まで車を走らせて史跡・佐渡金山を見たり、とれたての海の幸を食べたりと満喫した。 気になったのは、金山の坑道の一…

  • 背負わせた荷物=南茂芽育 /新潟

     学生だった6年前、私は沖縄の地元紙「琉球新報」でのインターンシップに参加していた。沖縄に集中する米軍基地に反対する、ある沖縄の人が私にこう言った。 「こんなた…

  • 山に登る覚悟=露木陽介 /新潟

     「三笠山に登る第一歩。富士山に登る第一歩。同じ第一歩でもおのずと覚悟が違う」。大正から昭和に活動した社会教育家、後藤静香(せいこう)の詩の一部だ。三笠山は奈良…

  • 佐渡島の地図=若狭毅 /新潟

     江戸時代。情報を国外に持ち出すのはご法度。シーボルト事件が示すように、国防に関わる日本地図ならなおのこと--だと思っていましたが、そうでもなかった。教えてくれ…

  • 柏崎は「海のまち」=内藤陽 /新潟

     「柏崎に『海のまち』という意識はなかった」。花角英世知事が今月上旬、柏崎市内であった車座集会で漏らした感想だ。花角知事が県内各地に出向き、地域活性化について市…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです