メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ならまち暮らし

  • 傘連判状の謎=寮美千子 /奈良

     「幕末に生駒で一揆が起きました。そのときの『傘(からかさ)連判状(れんばんじょう)』が残っているのですが、あれは融通念仏宗と関わりがあるんじゃないでしょうか」…

  • 70年の沈黙の後に=寮美千子 /奈良

     8月には戦争体験をお伺いしたいと「奈良少年刑務所を宝に思う会」で、満州からの引揚げ体験のある村上敏明さんをお招きした。 村上さんは1934(昭和9)年生まれ。…

  • 民話を語りつぐ=寮美千子 /奈良

     「奈良町物語館」は、まちづくりの拠点としてならまちの中新屋町に整備された古い町家。8月11日、ここに「なら民話祭り」ののぼりがはためいた。格子戸を開けてなかに…

  • 全身麻痺の国会議員=寮美千子 /奈良

     「寮さん、聞いてよ。うちのおバカちゃんが、国会議員になりたいって言いだしたの」 電話の主は佐塚みさ子さん(57)。千葉の介護施設の社長だ。彼女が愛情を込めてお…

  • 20年目の貸し画廊=寮美千子 /奈良

     ここで展覧会を開くことが一つのステータスになる、それが「アートスペース上三条」だ。やすらぎの道と三条通の交差点のすぐそば、ビルの脇の細い細い路地の入口に、ギャ…

  • 大きな家族「ダルク」=寮美千子 /奈良

     津市の「三重ダルク」が運営するノンアルコールのライブハウス「漂流劇場」のこけら落としに行ってきた。「ダルク(DARC)」とは、ドラッグ・アディクション・リハビ…

  • 大蛇伝説と地震=寮美千子 /奈良

     講演を頼まれ、初めて熊本へ。熊本には父の従兄弟の寮慶吉おじ(74)がいる。このおじ、馬力があり、東日本大震災時に社団法人「ACTくまもと」を立ちあげて避難者約…

  • 史実と伝説=寮美千子 /奈良

     田植えの季節だ。水を張って鏡のようになった田んぼに、空が映りこんで美しい。農家にとっては、農業用水は死活問題。いまは用水路もあり水利権もはっきりしているが、か…

  • 漂流劇場=寮美千子 /奈良

     奈良町南観光案内所の向かいに事務所を持って3年。ここには集会室「れんぞ」がある。奈良弁で「連座」の意。人が集い語りあえる場がほしかったからだ。ここで「奈良少年…

  • スサノオの嘆き=寮美千子 /奈良

     田原本町の多(おお)神社は、古事記の編さん者・太安万侶(おおのやすまろ)ゆかりの神社。ひょんなことから紹介され、春の大祭「多れんぞ」で「勾玉(まがたま)天龍座…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです