メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

  • 手紙に託した究極の美=斉藤希史子

     ジュリエットの命をかけた仮死計画はロミオに届かず、タチヤーナはオネーギンの求愛を断腸の思いで破り捨てる--。東京文化会館で相次ぎ上演された「ロミオとジュリエッ…

    (2018年11月12日 13:13)

  • 多様性あふれる新時代のロミオ=斉藤希史子

     金森穣率いるNoism(ノイズム)が「劇的舞踊」シリーズの最新作として7~9月、本拠・新潟など4市で「ROMEO(ロミオ)&JULIETS(ジュリエッツ)」を…

    (2018年10月15日 14:40)

  • 平成の世、主人公は死なず=斉藤希史子

     8月に再演された牧阿佐美バレエ団の「飛鳥 ASUKA」は、結末が改変されていた。牧が2年前に復刻した母・橘秋子の遺作。今回さらに手を入れ、「未来への希望が差し…

    (2018年9月10日 13:03)

  • 絶妙 舞台上の危機管理=斉藤希史子

     万全の準備で臨んでも、時に想定外のハプニングに見舞われるのが舞台というものだ。音が出なかったり、シンデレラの馬車が横転したり……。記者はかつて「眠れる森の美女…

    (2018年08月13日 13:19)

  • 運命の雷鳴がとどろく=斉藤希史子

     第11回米ジャクソン国際バレエコンクールのジュニア男性部門で清沢飛雄馬( ひゅうま )が、金賞なしの銀賞に輝いた。17歳にして同国に単身留学中だ。そもそも生ま…

    (2018年07月09日 15:09)

  • これぞ英国「ロイヤルスタイル」=斉藤希史子

     バレエ界の最高権威「ブノワ賞」が日本時間の6日、モスクワで発表され、女性ダンサー部門の候補だったオーストラリア・バレエの近藤亜香(あこ)(愛知県出身)は、惜し…

    (2018年6月11日 12:13)

  • 新作を生み出すマグマ=斉藤希史子

     差し伸べた指の先に無限の宇宙を感じさせ、踏みしめた足の底に地球の核を思わせる--。コンテンポラリー(現代)ダンスの分野で世界的に活躍する中村恩恵(めぐみ)=写…

    (2018年05月14日 14:31)

  • 花の命 燃やし尽くして=斉藤希史子

     Kバレエカンパニーの浅川紫織が、今秋の「ロミオとジュリエット」を限りに引退を決めた。「クレオパトラ」などの大作に次々と主演し絶頂期にあるものの、6年前に痛めた…

    (2018年04月09日 15:07)

  • 上演続く「海賊」 劇的演出で血通わす

     NBAバレエ団が久保綋一芸術監督による「海賊」全2幕を東京文化会館で初演した。「決定版のない古典」と呼ばれる作品に大なたをふるい、血湧き肉躍り心も震える群像劇…

    (2018年03月28日 12:43)

  • 椿姫とアントニア 死にゆくヒロインの系譜

     「ドラマの巨匠」ジョン・ノイマイヤー率いる独ハンブルク・バレエ団が来日し、代表作「椿姫」を上演した。新国立劇場バレエ団は演劇の本場・英国の傑作として、約2年ぶ…

    (2018年2月21日 12:29)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです