メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

  • さとい耳と歌う体=斉藤希史子

     夏はバレエ団とオーケストラの「共演」シーズン。若年層の視覚と聴覚に訴えようと、楽団員がピットから舞台へ大移動する。文字通り、ダンサーと同じ土俵に立つ試みだ。迎…

    (2019年7月8日 12:45)

  • ドガの踊り子は下手だった?=斉藤希史子

     東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで、バレエの稽古(けいこ)風景を描いたドガの名画「リハーサル」が公開されている(「印象派への旅 海運王の夢 バレ…

    (2019年06月10日 13:14)

  • トーシューズのまま軽やかに=斉藤希史子

     「若さの芸術」と呼ばれるバレエ。定年が40歳という団体もある。フリーのダンサーは「いつ舞台から身を引くか」を、自ら決断しなければならない。 日本が誇る名花・吉…

    (2019年05月20日 14:05)

  • 空気の精は白いカルメン=斉藤希史子

     ロマンチック・バレエの代表作「ラ・シルフィード」が東京・新宿文化センターで26日夕、抜粋上演される。シルフィードとは仏語で「空気の精」。この世ならざるものを好…

    (2019年04月08日 14:20)

  • 王子と道化が深める「白鳥」=斉藤希史子

     NBAバレエ団が2、3日、東京文化会館に英米のスターダンサー3人を招き「白鳥の湖」を上演した。団員として唯一主演を務めたのが、久保〓一芸術監督の信頼厚い高橋真…

    (2019年03月11日 14:25)

  • ローザンヌは「入試」から「就活」へ=斉藤希史子

     スイス・ローザンヌ国際バレエコンクールで、今年は日本勢3人が入賞を果たした。最高の3位に入った佐々木須弥奈(すみな)は大阪の雄・佐々木美智子バレエ団の直系だ。…

    (2019年02月18日 14:52)

  • 未必の故意を引き起こす恋=斉藤希史子

     新年の幕開けを「ラ・バヤデール」が彩っている。「バレエの父」ことプティパの作品。谷桃子バレエ団は東京文化会館で12、13の両日、芸術監督・高部尚子による改訂版…

    (2019年1月21日 14:42)

  • 劇場は目先の損得では測れない=斉藤希史子

     露マリインスキー・バレエが来日し、お家芸「白鳥の湖」などを上演した。プログラムの表紙を飾っていたのはスターダンサーではなく、威容を誇る歌劇場の写真。劇場こそが…

    (2018年12月10日 14:40)

  • 手紙に託した究極の美=斉藤希史子

     ジュリエットの命をかけた仮死計画はロミオに届かず、タチヤーナはオネーギンの求愛を断腸の思いで破り捨てる--。東京文化会館で相次ぎ上演された「ロミオとジュリエッ…

    (2018年11月12日 13:13)

  • 多様性あふれる新時代のロミオ=斉藤希史子

     金森穣率いるNoism(ノイズム)が「劇的舞踊」シリーズの最新作として7~9月、本拠・新潟など4市で「ROMEO(ロミオ)&JULIETS(ジュリエッツ)」を…

    (2018年10月15日 14:40)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  2. ORICON NEWS 金子ノブアキ、RIZEメンバー2人の逮捕を謝罪「更生を願う」 金子賢輔容疑者は実弟
  3. 「親安倍」「反安倍」の人たちがののしり合い 騒乱の安倍首相「秋葉原演説」を見に行く
  4. 宮迫さん、田村さん会見詳報(3)「吉本、好きだった会社なのに変わってしまった」
  5. 「吉本社長、田村さん会見したら全員クビと」 宮迫さん明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです