メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中優子の江戸から見ると

法政大総長の田中優子さんのコラム。ものや人や風景を取り上げながら、江戸から見る今の東京について語ります。

  • もったいあり

     義足で陸上競技のパラリンピック参加を目指している法政大学の学生、山下千絵さんから話を伺う機会があった。 山下さんの話を聞きながら、これは「もったいない」の正反…

    (2019年1月16日 12:30)

  • 改元の年

     あけましておめでとうございます。 いよいよ改元の年になった。以前、「元号のゆくえ」という題名で改元について書いたのは2年も前のことである。考えてみれば天皇陛下…

    (2019年1月9日 14:26)

  • 内なる多様性

     昨年10月の本コラムで、「アバターの社会」と題し、米国ニュースクール大学の池上英子教授によるアバター研究について書いた。アバターとは神々が別の形をとって現れる…

    (2018年12月26日 12:52)

  • 勤勉とは

     諸方面で「働き方改革」が進んでいる。過労死が後を絶たない。労働時間の短縮は必ずなされるべきだ。 日本人の勤勉の源を江戸時代に求める考え方がある。確かに勤勉と倹…

    (2018年12月19日 13:07)

  • 金沢問答

     金沢市の青年会議所のメンバーが、新幹線開通後の急激な観光客の増加に危機感を持ち、金沢の特色をどう守りながら新しくするか真剣に考え始めている。観光客が増えれば良…

    (2018年12月12日 14:37)

  • パレード

     法政大学は今秋の六大学野球で優勝し、神楽坂で祝勝パレードをおこなった。私もオープンカーに乗り、パレードというものがなぜあるのか、考えさせられた。 というのも、…

    (2018年12月5日 12:46)

  • 「空をゆく巨人」

     川内有緒著「空をゆく巨人」(集英社)を読んでいて、江戸時代の日本における芸術の創造現場を見るような思いがした。 この本のテーマは現代アートである。私は1970…

    (2018年11月28日 12:26)

  • 「ホモ・デウス」

     「ホモ・デウス」(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社)を読んでいて、二つのことに気がついた。一つは、近代的な自己同一性がある種の物語であり、実は「人間は分…

    (2018年11月21日 12:38)

  • ユニバーサルマナー

     「人材の多様性に大学はどう対応すべきか--ユニバーサルマナーという考え方」というシンポジウムを先月おこなった。法政大学は「ダイバーシティ宣言」をしている。この…

    (2018年11月14日 12:46)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです