メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんのコラム。タイトルは厳しい環境でも自分がすることを楽しむという意味の禅の言葉です。

  • やっぱり「生」がいい=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 10年ぶりぐらいにテニスの全日本選手権を会場で見ることができた。1995年、96年にシングルスを2連覇し、2002年にはダブルス…

  • 30歳錦織、再起への鍵=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 昨年10月の右肘の手術を経て、9月上旬に実戦復帰を果たした圭(錦織)が約1年ぶりの4大大会となる全仏オープンに出場した。結果は2…

  • 大坂、人間的にも成長=杉山愛

     テニスの全米オープンで大坂なおみ選手は、人種差別の撤廃を訴えて頂点に立った。決勝までの試合数に合わせて用意した黒人被害者の名前が書かれた計7枚のマスクには、勝…

  • 選手生活、燃え尽きるまで=杉山愛

     東京オリンピックを前にアスリートが引退の決断を下すのは、簡単ではないだろう。メダルを期待される立場であれば、なおさらだ。2016年リオデジャネイロ五輪のバドミ…

  • 無観客 どう楽しむか=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 新型コロナウイルスで延期となっていたプロ野球やサッカーのJリーグが始まり、プロスポーツが動き出してきたことに元気をもらっている。…

  • 問われる適応力=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断していたテニスのツアー大会は、8月から再開されることが決まった。思いのほか早い決断だった…

  • 「努力の証し」の大会を=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 新型コロナウイルスの影響で全国高校総合体育大会(インターハイ)や全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)が中止となり、努力を積み重ね…

  • どう過ごすかで差が出る=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見えず、スポーツ選手は感じたことのない苦難に直面している。緊急事態宣言が出る前の4月3日に私…

  • 五輪、最高の舞台用意を=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 新型コロナウイルスの感染拡大は、スポーツ界に大きな影響を及ぼしている。あらゆる競技で大会が中止となり、選手に戸惑いがあるのは当然…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  2. 「ちびまる子ちゃん」ナレーション交代 キートン山田さん「番組はまだまだ“後半へつづく”」

  3. 「考える余裕はなかった」 太平洋戦争開戦79年を前に91歳が語る予科練生活

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです