メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

遊戯三昧

元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんのコラム。タイトルは厳しい環境でも自分がすることを楽しむという意味の禅の言葉です。

  • 望月選手 多彩な攻め=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> テニスのウィンブルドン・ジュニア選手権の男子シングルスで、日本選手として初優勝した16歳の望月慎太郎選手の才能には驚かされた。相…

  • 芝で重要 瞬時の判断力=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> テニスの世界ツアーは1カ月ほどしかない芝のシーズンに入った。芝のコートはハードコートなどに比べて数が少ない。年間を通じてプレーす…

  • トップにいる緊張感=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> テニスには、その地位に立たなければ分からないことがある。女子の大坂なおみ選手には世界ランキング1位でい続けたいという執着心が表れ…

  • 選手第一でルール進化=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 伝統を誇るテニスだが、選手の意見を反映してツアー日程やルールが何度か変更されてきた。年に数回行われる選手ミーティングでも熱い議論…

  • 魅力伝える 五輪は好機=杉山愛

     東京五輪まで500日を切り、会場などハード面の整備が進んできた。「いよいよだな」と実感が湧いてくる。 私はアスリートファーストをどれだけ徹底できるかという視点…

  • 大坂選手 次のコーチは=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 大坂なおみ選手のサーシャ・バイン・コーチとの契約解消には驚かされた。練習中の楽しそうな雰囲気が印象的で、昨年の全米オープン、今年…

  • 世界基準の指導体制に=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 昨年はアマチュアスポーツ界のパワハラ問題がクローズアップされ、指導者と選手の関係性を考えさせられた。そういう意味でも、2019年…

  • なおみ・圭、成長の1年=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 今年の出来事を振り返って一番印象に残ったのは、やはり全米オープンでの(大坂)なおみの優勝だろう。2週間の大会を見て、彼女の成長こ…

  • 世界に羽ばたく大会に=杉山愛

     <遊戯三昧(ゆげざんまい)> 私が育った神奈川県茅ケ崎市で、今年からスタートした国際テニス連盟(ITF)公認のジュニア大会「Ai Sugiyama Cup」の…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです