メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳に風

  • トホホな平成=松井宏員

     「平成最後の」が枕ことばのように、そこら中に付いてくるこの平成最後の年末に、平成を振り返ってみた。 平成に変わったのは1989年、兵庫県の姫路支局に勤務してい…

    (2018年12月17日 16:44)

  • その「諦念」を問え=松井宏員

     月に1回、「美食地質学入門」(第1火曜夕刊)の取材の後は、マグマ学者の巽好幸先生らと一献傾けるのが習いとなっている。 巽先生が先夜、災害に対する日本人の「諦念…

    (2018年11月19日 16:56)

  • 口先とデマは要らない=松井宏員

     沖縄県知事選の告示前、週刊文春に「沖縄知事選 与野党候補『隠し子疑惑』を連続直撃」の見出しの記事が掲載された。米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する玉城デニー…

    (2018年10月22日 16:17)

  • 低姿勢を演じる空気=松井宏員

     ここ数年、耳に付くのが「~させていただきます」という言い方だ。政治家も芸能人もスポーツ選手も隣の人も口にするが、どうにも違和感があって、すっきりしない。 毎日…

    (2018年9月3日 16:59)

  • 無知が生む偏見の罪=松井宏員

     若年性認知症の当事者や家族を取材した体験を、大学で社会福祉を学ぶ学生さんに話す機会があった。新聞記者として、というより、私自身が学びの連続だった経験から、コミ…

    (2018年8月6日 17:05)

  • ああスッキリしない!=松井宏員

     先週は落ち着かない1週間だった。 強烈な揺れで始まった18日月曜。電車がストップして出社できず、とりあえず最寄りの阪急茨木市駅の様子を見に行った。駅前のレンタ…

    (2018年6月25日 16:58)

  • その勇気と意地に乾杯=松井宏員

     なじみの北新地のバーに、久しぶりの顔。雑誌編集者の彼女、数年前から水墨画で新境地を開いているのだが、ついに勤めを辞めて創作に懸けるという。近々、展覧会のためパ…

    (2018年5月28日 16:17)

  • 喜びの「高校三年生」=松井宏員

     一昨年春から1年あまり、土曜夕刊の「晴レルデ」で連載した若年性認知症の家族会「希望の灯(あか)り」(堺市南区)が、NHK厚生文化事業団の昨年度の「認知症にやさ…

    (2018年4月23日 16:49)

  • 書けなかった記事=松井宏員

     1986年に記者のスタートを切った頃はパソコンも携帯電話もデジタルカメラももちろんなく、原稿は手書き。それもはがきより一回り大きいザラ紙の束に、鉛筆で。当時の…

    (2018年3月28日 17:34)

  • 2500通のエネルギー=松井宏員

     私は料理の連載を二つも担当する料理記者でもあります。西川ヘレンさんに家庭料理を作ってもらう「西川ヘレンのこれ食べてみて」は、この春で9年目。女性に絶大な人気が…

    (2018年2月21日 17:12)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」
  5. 元婚約者「解決していない」 小室さん「金銭トラブル解決済み」に反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです