メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

  • 心を結び家族の禁煙支援

     他人のたばこの煙はいやなもの。肺がん患者にとってはなおさらだ。喫煙を巡り、たばこを吸う家族や同僚と対立しがちだが、逆に禁煙するよう支援して受動喫煙の被害防止に…

  • その不調、自律神経失調症?

     めまいや動悸(どうき)など、原因のはっきりしない体調不良に悩んでいないだろうか。こうした症状は「不定愁訴」と呼ばれ、自律神経失調症の可能性がある。最近頭痛がひ…

  • 妊婦だからこその口腔ケア

     口の中の環境が変わり、つわりで歯磨きが難しくなるなど、妊娠中は歯周病や虫歯になりやすい。歯周病は早産のリスクが高いという報告もあり、専門家は「妊娠中でも口の中…

  • 妊産婦の心、連携し支える

     妊娠中から産後にかけて、精神的に不安定になりがちな女性を支援する取り組みが広がっている。産後うつは10人に1人という高頻度で誰でもなる可能性があり、母親の精神…

  • 薬剤耐性菌を増やさない

     抗菌薬が効かなくなる「薬剤耐性菌」が広がり、治療が長引いたり、死亡したりすることが世界的な問題となっている。政府は2016年に耐性菌を減らすための「薬剤耐性ア…

  • 唾液と虫歯、研究重ね新常識

     ユニークな研究成果に与えられる「イグ・ノーベル賞」に今年、ある日本人小児歯科医が輝いた。5歳児の唾液が1日に500ミリリットル入りペットボトル1本分にもなるこ…

  • 急性内斜視 子どもに多発

     両目で物を見ると二重だが、片目では正常――。そんな人は、急性内斜視の恐れがあるので注意が必要だ。片方の瞳が内側にずれる病気で、これまで少なかった子どもたちに多…

  • AYA世代がん、支援の手を

     15~39歳の思春期・若年成人(Adolescent and Young Adult)のがん患者は「AYA(アヤ)世代」と呼ばれ、年代によって発症しやすいがん…

  • マスク・手洗い、インフル対策

     毎年12~3月になるとはやるインフルエンザ。今年は異例の早さで患者が増えていて、台風19号の被災地では被災者がひしめく避難所で特に注意が必要だ。予防するために…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです