メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

海外特派員がそれぞれの赴任先の「街角」で感じたことを記したコラムです。

  • 誇りと憤り 北米総局・鈴木一生

     製鉄業の衰退に伴い人口が激減した米東部ペンシルベニア州モネッセンは、「ラストベルト(さびついた工業地帯)」の典型的な街だ。トランプ大統領は2016年6月、前回…

  • 柔道の父 欧州総局・横山三加子

     バッテリーなどの部品は自分で本体にはめ込む。小さな電子基板も付属の虫眼鏡で観察できる。電源を入れたら音楽・ゲーム作りの始まりだ。英ロンドンの新興企業カノ・コン…

  • 贖罪の日 エルサレム支局・高橋宗男

     ユダヤ暦の新年を迎えたイスラエル。年が明けて最初の10日間は、1年間の行いを見つめ直し、神に許しを請う厳粛な期間だ。その最終日がヨムキプール(贖罪(しょくざい…

  • 「朝鮮戦争と日本人」 中国総局長・米村耕一

     中国・北京市の中心部から南に車で約1時間。幹線道路の脇に小さな墓地がある。ここに中国側から朝鮮戦争に従軍した日本人が眠ると聞いて、訪ねてみた。 24の墓が並ぶ…

  • 政治に目覚めて 北米総局・高本耕太

     ゲイブ・フライシャーさん(18)が政治のとりこになったのは2008年の米大統領選。「街にあふれる看板に夢中になった」のがきっかけだ。まだ6歳だった。翌09年1…

  • ガムランをお届け ジャカルタ支局・武内彩

     ガムランの澄んだ音色と独特の旋律は、日々の緊張をほぐしてくれる。ガムランとはインドネシアの伝統音楽。青銅製の打楽器を中心にした合奏で、「ドレミ」とは異なる音階…

  • 飽きない新サービス見学 上海支局・工藤哲

     中国・上海で最近注目されているのは、スマートフォンと連動した現金を使わない自販機やロボットを駆使した新サービスだ。「体験したい」という日本のビジネスマンや若者…

  • 受け継がれる「抵抗歌」 パリ支局・久野華代

     はっとした。同じメロディーだ。スペイン・カタルーニャ自治州の州都バルセロナに住むマリア・アントニア・ウリェさん(70)は、ベラルーシで起きている反政府デモで人…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  2. スイッチとセットの「リングフィット アドベンチャー」 11月20日発売へ 任天堂

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  4. 網戸のひもで6歳死亡、YKK APを提訴 「欠陥」首に絡まり 大阪地裁

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです