メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

海外特派員がそれぞれの赴任先の「街角」で感じたことを記したコラムです。

  • 変わる市民生活 モスクワ支局・大前仁

     「ドアが閉まります。ご注意ください」。ロシア語のアナウンスがかかった直後、駆け込んできた男性がドアに体を挟んで、こじ開けた。今春4年半ぶりに戻ったモスクワの地…

    (2018年11月14日 02:53)

  • トライアル・アンド・エラー 中国総局・赤間清広

     「カメラが故障中です。レジで普通に支払ってください」。顔認証で本人確認し、その情報をもとに支払いまでできるという触れ込みのファストフード店に取材に行くと、店員…

    (2018年11月7日 03:01)

  • シアーズ破綻の原因は? 北米総局・中井正裕

     創業125年の名門百貨店、米シアーズが10月15日に経営破綻した。創業期から手掛けたカタログ販売で米国の消費生活を革新し、1970~80年代には世界最大の百貨…

    (2018年10月31日 02:40)

  • 英国社会の実像 欧州総局・矢野純一

     英国の上流階級の紳士淑女が集まるパーティーに参加した。ロンドン市内の会員制ホテルの一室を借り切った会場には、キャビアを添えたオードブルが並ぶ。「英国社会の別の…

    (2018年10月24日 02:53)

  • ジャンヌ・ダルク ニューヨーク支局・國枝すみれ

     勇気ある人に出会うと、砂漠でバラの花を見つけたような明るい気持ちになる。米カリフォルニア州オークランドの女子高生ハガル・カイドさんがそうだ。内戦が続くイエメン…

    (2018年10月17日 02:53)

  • マルセイユ市民の誇り パリ支局・賀有勇

     フランスの政治集会などで必ず耳にする仏国歌「ラマルセイエーズ」。革命政府のため、1792年に南部マルセイユからパリに駆けつけた義勇兵が口ずさみ、その名が付いた…

    (2018年10月10日 03:25)

  • タイと日本語 アジア総局・西脇真一

     「そこはこう表現した方がいいよ」--。バンコクのフードコートで、日本語が聞こえてきた。こうした場所で家庭教師と勉強する高校生らをよく目にするが、日本語は初めて…

    (2018年10月3日 03:09)

  • 私は投票した 北米総局・高本耕太

     米南部アラバマ州モントゴメリー。マーチン・ルーサー・キング牧師が所属したデクスター・アベニュー・バプテスト教会は1950~60年代、黒人公民権運動の拠点となっ…

    (2018年9月26日 02:56)

  • 祭りのあとに ヨハネスブルク支局・小泉大士

     7月のジンバブエ大統領選は1980年の独立以来初めて、ムガベ前大統領(94)の名が投票用紙になかった。国際社会からも「歴史的」と注目された選挙に一票を投じられ…

    (2018年9月19日 02:36)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 日露首脳会談 北方領土を非軍事化 安倍首相が提案
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです