メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

  • 故郷に帰りたい サンパウロ支局・山本太一

     「故郷に帰れるものなら帰りたい。でも、怖くて帰れない」。コロンビアの首都ボゴタに住むイスマエリナ・ブルバーノさん(50)が複雑な心境を明かした。 南西部カウカ…

    (2018年1月17日 02:56)

  • 携帯電話の刑務所 ロンドン支局・三沢耕平

     「ここでは携帯電話は使えません。この箱に入れてください」。コーヒーが好きなこともあり、カフェに入るのが私の日課になっているが、先日訪れたロンドンのカフェ「ティ…

    (2018年1月10日 02:55)

  • シリアの酒 カイロ支局・篠田航一

     アラクという酒がある。内戦下のシリアで出会った人に勧められた。ブドウなどを原料とした蒸留酒で、透明だが水に混ぜると白濁する。甘みと香りが素晴らしい。 私は中東…

    (2018年1月3日 02:53)

  • 日本ファン急増中!? 中国総局・浦松丈二

     「私、ひどい高所恐怖症なの」。先々週の広州出張も飛行機なら北京から3時間半の距離を鉄道で8時間かけて行った。中国のネット通販大手でアプリ開発チームを率いる岳丹…

    (2017年12月27日 03:40)

  • ガザのビジネスマン エルサレム支局・高橋宗男

     パレスチナ自治区ガザ地区ガザ市の海岸沿いに住むソフィアン・アブザノーナさん(54)は今、ガザで最も忙しい部類のビジネスマンかもしれない。 取材中もひっきりなし…

    (2017年12月20日 03:04)

  • 地下室に描かれた裸婦 ブリュッセル支局・八田浩輔

     20世紀のデンマークを代表する建築家、アルネ・ヤコブセン(1902~71年)。東部オーフス市の庁舎は、家具や小物からエレベーターのボタン配置に至るまで、完璧主…

    (2017年12月13日 03:10)

  • 望郷の念 ニューデリー支局・金子淳

     「インドに来たのは10年前。故郷を捨てたくはなかったけれど、子供たちの未来を選んだ」。ヒンズー教徒のグマーンさん(45)は渋い表情でつぶやいた。会ったのはイン…

    (2017年12月6日 03:08)

  • 思い出胸に モスクワ支局・杉尾直哉

     ロシア極東のサハリン島の片田舎。質素な木造家屋を訪ねると、小柄なおばあさんが「ごくろうさんですね」と、日本語で迎えてくれた。1928年にサハリン(樺太)に生ま…

    (2017年11月29日 03:43)

  • 「コト消費」の熱気 中国総局・赤間清広

     ショッピングモールの中にある専用劇場に入ると、その熱気に圧倒された。北京を拠点に活躍するアイドルグループ「BEJ48」の定期公演だ。日本で大人気の「AKB48…

    (2017年11月15日 03:13)

  • 若者のホームレス 欧州総局・矢野純一

     社会福祉が整っているとされる英国だが、街角ではホームレスの姿をよく見かける。 10月中旬の深夜、帰宅途中、自宅があるロンドンの集合住宅の敷地内で、何かにつまず…

    (2017年11月8日 02:49)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
  2. 佐藤エリ カラコン愛用のノンノモデルに「目の表層障害」が…
  3. 大塚食品 発売50周年で新商品「ボンカレー50」
  4. 覚醒剤使用 芸能事務所社長を逮捕 警視庁
  5. 天気 東京地方に大雪警報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです