メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ベテラン専門記者による日替わりコラム。木曜日は北京で長く取材を続けた坂東賢治専門編集委員が中国の政治事情を深く読み解きます。

  • 摩擦を生む中国基準=坂東賢治

     <moku-go> 季節を示す二十四節気で春分の次に来るのが清明だ。中国では清明節と呼ばれる重要な祭日で、古代から先祖の墓参りをする習慣がある。今年は4日で6…

  • アジア系差別の記憶=坂東賢治

     <moku-go> 米西海岸サンフランシスコは中国語で「旧金山」と呼ばれる。19世紀半ばのゴールドラッシュで中国からも多くの移民が押し寄せた名残だ。1860年…

  • 「狼」外交官の危険性=坂東賢治

     <moku-go> 満州事変(1931年)時に外務省のスポークスマン役だった白鳥敏夫情報部長は軍部の行動を支持し、欧米の批判を一蹴した。あえて米国を怒らせるよ…

  • 「武漢日記」が示す真実=坂東賢治

     <moku-go> 2012年の中国映画「風水」は1990年代の湖北省武漢市を舞台に、新しい高層アパートへの転居をきっかけに崩壊していく家族の姿を、気の強い武…

  • トランプ氏に新たな敵=坂東賢治

     <moku-go> 米大統領選と連邦議会選の投票は11月2日以降の最初の火曜日と規定され、同2~8日の間に実施される。今年の大統領選は3日だ。広い米国ではかつ…

  • ドラゴンも怒る偏見=坂東賢治

     <moku-go> 伝説的な香港のカンフースター、ブルース・リーが世界的に大ヒットした「燃えよドラゴン」(1973年)の前に主演したのが「精武門」だ。日本では…

  • ゼロ号患者と陰謀論=坂東賢治

     <moku-go> 広島、長崎の爆心地は「グラウンド・ゼロ」と呼ばれるが、感染症では「ペイシェント・ゼロ」(ゼロ号患者)という言葉があるそうだ。初めて感染した…

  • 肺炎と「言論の自由」=坂東賢治

     <moku-go> 2002~03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の際、北京市がかん口令を敷いていたことなどを報じ、気を吐いたのが、経済誌「財経」だった。…

  • 新型肺炎の政治学=坂東賢治

     <moku-go> 2002~03年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行は江沢民氏から胡錦濤氏への権力継承過程で起きた。当時、衛生相だった張文康氏は上海出…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです