メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

  • 創造の基盤を照らし出す

     この夏、評論家の三浦雅士さんが刊行した『孤独の発明 または言語の政治学』(講談社)は、驚くべき構想力を持つ論考だ。人間という存在の根源を、文学や舞踊、演劇とい…

    (2018年9月10日 13:02)

  • 論客の死がもたらす空白

     1月に78歳で自死した評論家、西部邁(すすむ)氏の著書刊行が相次いでいる。新装版などの再刊も含むが、半年足らずの間で10冊近くに上り、保守派の論客としての存在…

    (2018年7月2日 12:41)

  • 「大正」という参照軸

     平成の時代は来年で幕を閉じることになったが、この31年という期間を考えると、なかなか興味深い。大まかにいうと、それは64年を数えた昭和の約半分であり、15年続…

    (2018年6月4日 12:39)

  • 「リズム」という視点の新鮮さ

     劇作家・評論家の山崎正和さんが、評論『リズムの哲学ノート』(中央公論新社)を刊行した。「私の半世紀にわたる著作履歴のなかで、画期的な一冊」と、あとがきに記して…

    (2018年5月7日 12:52)

  • 「60年安保」指導者の後半生

     島成郎(しげお)(1931~2000年)といえば、「60年安保闘争」を主導したブント(共産主義者同盟)の書記長だった人物として知られる。ブントは全学連(全日本…

    (2018年3月12日 12:25)

  • 「ひとり」を多角的に考察

     ひとり暮らしのように人が単身者であることや、家族があっても仕事中の食事などの場面で「ひとり」の状態になることは、近代化、都市化の進行とともに増えてきた。200…

    (2018年2月5日 15:23)

  • 戦後を照らし出す回想録

     ドイツ文学者でエッセイストの池内紀さんが、「自伝的回想録」と銘打った著書『記憶の海辺』(青土社)を出した。池内節ともいうべき個性的な文体の妙味を存分に楽しめる…

    (2018年1月15日 15:02)

  • 生命論的世界観へ

     JT生命誌研究館が大阪府高槻市にオープンしたのは1993年である。「生きものを見つめ、研究し、その過程や成果を表現することを通して、自然・生命・人間について考…

    (2017年11月7日 15:04)

  • 思想史のさまざまな読み方

     日本政治思想史研究者の苅部直・東大教授が著書『日本思想史への道案内』(NTT出版)=写真=を刊行した。書名は入門書のようなものを思わせるが、歯ごたえのある内容…

    (2017年10月03日 15:02)

  • 公正さ貫いた日系人弁護士

     国と国との関係は、表立った華々しい外交のみで動いているのではない。民間レベルでの交渉が大きな意味を持っている。例えば、日米間では戦後、アメリカ進出企業の強力な…

    (2017年9月5日 15:07)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  4. 傷害致死 8歳長男、死なせた疑い 「頭を殴った」父親逮捕 奈良
  5. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです