メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・アーティスト

注目のアーティストの紹介。音楽評論家によるライブ・レビューをお届けします。
  • ケイシー・マスグレイヴス 伝統×未来が心を癒やす

     最新作「ゴールデン・アワー」で7月4日に日本デビューしたケイシー・マスグレイヴスだが、ソングライター時代を含め、そのキャリアはすでに15年に及ぶ。2013年に…

    (2018年07月21日 14:23)

  • 相田翔子 30年の夢と現実を歌う

     思えば、1989年は、たくさんの記憶に残る事柄が発生した。昭和天皇が崩御し、世は平成に変わった。天安門事件が起き、ベルリンの壁が崩壊した。バブル経済は絶頂を迎…

    (2018年07月14日 15:02)

  • ブールヴァール・デ・ゼール 雑食パワーで歌の道進む

     オランピア劇場やゼニットといった国内有数の会場を満杯にし、今やフランスでナンバーワンの人気を誇るライブバンド、ブールヴァール・デ・ゼール(通称BDA)。自らを…

    (2018年07月07日 14:53)

  • 里アンナ 情満ちる歌声は月光の輝き

     神様が引き合わせた出会い……あなたの未来が幸せでありますように、と歌う「朝花節」。別れの切なさあふれる「行きゅんにゃ加那(かな)」。大河ドラマ「西郷どん」奄美…

    (2018年06月30日 15:02)

  • スウィング・アウト・シスター ファンと音楽をシェア

     もっと洗練されたスタイリッシュな人になりたい。そんな願望が世の中にあった1986年に、スウィング・アウト・シスターの「ブレイクアウト」は大ヒットした。モデル出…

    (2018年06月23日 14:43)

  • イル・ディーヴォ 自由が個性を解放

     デビューから約14年、平均年齢46歳になったイル・ディーヴォが静かな革命を起こした。生みの親である辣腕(らつわん)プロデューサー、サイモン・コーウェルのもとを…

    (2018年6月16日 12:43)

  • 今井美樹 若さと成熟への魔法

     「若いねー」が褒め言葉なのかばかにしているのかケース・バイ・ケースである。今井美樹は、いつでもどこから見ても「若い」。だが、その「若さ」の色味や香りは確実に変…

    (2018年6月9日 15:09)

  • クラウド・ルー 台湾の「フォーク」を示す

     “台湾のスーパースター”という言葉で思い浮かべるのはどんな人だろう。テレサ・テンまでさかのぼらずともしっとりとしたバラードを歌いあげる熱唱系歌手が多いのではな…

    (2018年06月02日 12:27)

  • ハアヘオ 新しさは「誇り」が生む

     ウクレレにギター、3人の男性が歌い、演奏する。夕日がハワイの海に沈み、哀愁を醸し出すようなバラードをしっとりと、あるいはまた、歯切れよく、心が軽やかに弾むよう…

    (2018年05月26日 14:33)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです