メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じこじこ

  • 市の未来 /高知

     その日の高知市議会はいつもと様子が違っていた。市長や市幹部と向かい合うように議場に座るのは、制服を着た中高生。議長役も生徒が担う。政治についてより理解を深めて…

  • 東北を自分の目で /高知

     「一度、東北を自分の目で見た方が良い」。2年前、先輩記者に掛けられた言葉がずっと胸に残っていた。今月中旬、帰省先の千葉県から宮城県南部まで車を走らせた。 高速…

  • 平和祈念の碑を訪ねて /高知

     先日、高知市大原町の平和祈念の碑を訪ねてきた。碑は2004年に建てられたもので、空襲犠牲者の名簿が納められている。また傍らには広島市から寄贈された、被爆したア…

  • 若者が見た参院選 /高知

     先月の参院選では、野党統一候補の松本顕治さん(35)を担当した。公示前から取材を続ける中で、さまざまな場所で松本さんを支援する若者の姿を見かけた。彼らはなぜ選…

  • 死者を悼む /高知

     京都アニメーション(京都市)で起きた放火殺人事件からまもなく2週間。夢や希望にあふれた若者らの命を奪った凶行に改めて言葉を失う。遺族が突然の死を受け入れること…

  • 王者の執念 /高知

     この1年、明徳義塾の選手から何度も「全員野球」という言葉を聞いた。絶対的エースも主砲もおらず先発も打順も日替わり。「全員でやらないと勝てない」とチーム力を底上…

  • 参院選を振り返って /高知

     参院選「徳島・高知」選挙区で再選した自民現職の高野光二郎氏(44)。22日朝、高知市内の事務所で一夜明けての感想を問われ「投票率、得票率ともにもっと上げたかっ…

  • 星に込めた平和 /高知

     自ら発見した小惑星に「令和の星」と命名した高知市のアマチュア天文家、関勉さんを取材した。74年前、高知大空襲の夜に平和を星空に見いだしたコメットハンターは、8…

  • ウミガメ守る命のバトン /高知

     先週、高知市の春野漁港近くでアカウミガメの放流会に立ち会った。海に向かって砂浜を進む生後1年のウミガメ2匹に、参加した地元・春野東小の児童約90人は「頑張れー…

  • 人は城、人は石垣 /高知

     高知城は、軍勢からだけでなく、水に対する防備も固めた城だ。石樋(いしどい)は雨を集めて排水する設備。雨水による石垣のゆるみなどを防ぐという。高知の雨の多さを物…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁

  2. ORICON NEWS 高橋留美子くくりで『全るーみっくアニメ大投票』受付開始だっちゃ

  3. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

  4. 特集ワイド 朝鮮語に生きた塚本勲さん、85歳の怒りと執念 隣国理解、まず言葉から 韓国たたきばかりの政治・マスコミ

  5. 松井・大阪市長「汚染処理水の受け入れ」可能性に言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです