メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

じこじこ

  • コロナの陰で /高知

     先週末、高知市内で打ち合わせがあった後のこと。業者に代行運転を頼んだら、普段より早く来てくれた。理由を尋ねると、「いつもは混んでいる時間なんだけど、コロナの影…

  • 時間をかけて /高知

     新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、センバツ中止が決まった。収束が見通せない中で「開催は難しいかもしれない」と思っていた半面、厳しい寮生活の中で全てを野球に…

  • 学ぶとは何か /高知

     学校という言葉を思い浮かべる時、宿題や試験に追われた苦しさを思い出す。だが最近、「学ぶことは楽しい」と語る人たちに立て続けに出会った。夜の学び舎(や)で学んだ…

  • 関わる人の思いにも注目 /高知

     東京五輪・パラリンピックの開催が迫ってきた。直近の国内開催は、1998年の長野冬季五輪・パラリンピック。当時私は、雪がほとんど積もらない大阪府の高校に通ってい…

  • 力勝負だけでなく /高知

     今春のセンバツ出場校が24日に発表され、県勢からは明徳義塾の2年ぶり19回目の出場が決まった。担当記者として選手だけでなく、学校関係者や応援する人たちの取材に…

  • ジョギング中の発見 /高知

     ジョギングが好きだ。春に高知に来てからは、足裏のこぶを切除したため控えていたが、11月に再開した。 見知らぬ眺望、意外な近道、こだわりが感じられる店。車で通る…

  • 勝ち負けよりも /高知

     いつごろからか、ありとあらゆるスポーツの試合を見ては、スポーツ記事を読みあさるのが趣味になっていた。思い返せば一つのきっかけは、おそらく10年前の箱根駅伝だっ…

  • 現場の声を /高知

     今夏の参院選に続き、知事選で野党統一候補の松本顕治氏(35)を担当した。7月に比べて変化があったのは、国会議員の応援が多数入ったことだ。その数は50を超えた。…

  • 想像力が防災に /高知

     聞いたことのないような強い雨音に、不安にかられた。県内は今月2日から3日にかけて大雨となり、高知市付近など計3カ所では、記録的短時間大雨情報が出された。 現場…

  • 大舞台を楽しんで /高知

     高知市営球場で社会人野球の日本選手権四国予選があった。県勢の四国銀行(高知市)は2次予選で敗退し、4年連続で本大会出場を逃した。具体的な敗因の一つは長打が少な…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

  5. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです