メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ホットな話題をテーマに、それぞれ立場を異にするスペシャリストたちの練り上げられた「論」を紹介。基本は水曜・金曜更新。

  • 医療機関の災害対策

     2018年の漢字は「災」だった。北海道胆振(いぶり)東部地震や西日本豪雨など大きな災害が相次ぎ、大規模停電などで医療機関にも影響が出た。南海トラフ巨大地震が今…

    (2019年01月23日 02:04)

  • 「移民社会」 どうする社会保障

     今年4月の改正入管法施行によって、日本で働く外国人の増加が見込まれる中、医療や年金などの社会保障制度の見直しが課題になっている。現在の制度は日本人への適用を前…

    (2019年01月18日 02:44)

  • 言論の「右傾化」

     「排外主義的」とも受け取られる文章を掲載した雑誌や、いわゆる「ヘイト本」が近年、大手出版社からも刊行されるようになった。杉田水脈(みお)・自民党衆院議員の性的…

    (2019年01月16日 02:17)

  • 公共ホールの役割

     滋賀県大津市のびわ湖ホールが昨秋、開館20年を迎えた。県立施設として総工費約245億円で建設された「関西のオペラの殿堂」は財政危機で存続が危ぶまれる時期もあっ…

    (2019年01月12日 02:13)

  • 民主主義の行方 インタビュー ノーム・チョムスキー アリゾナ大教授(言語学)

     トランプ米大統領の下、社会の分断が深まった米国。他国でもポピュリスト的な政治家が台頭し、「民主主義の弱体化」が指摘されている。この潮流は歴史の必然で、既存の国…

    (2019年01月11日 02:03)

  • 象徴天皇と国民

     今年4月末、天皇陛下が退位される。平成最後となった2日の新年一般参賀には平成最多の約15万4800人が詰めかけ、天皇、皇后両陛下ら皇室とのつながりを確かめた。…

    (2019年01月09日 02:03)

  • 技術革新と高額医療

     医療技術の日進月歩は、患者らの負担する医療費を押し上げている側面もある。ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)京都大特別教授の発見が元になった…

    (2018年12月29日 02:04)

  • 平成の軌跡 「無党派」の台頭

     特定の支持政党を持たない「無党派層」=ことば=が平成時代の政治を揺さぶってきた。1995年の統一地方選では東京都で青島幸男知事、大阪府で横山ノック知事が誕生。…

    (2018年12月28日 02:07)

  • 途上国支援のあり方 インタビュー 河野太郎・外相

     世界経済が減速する一方、紛争地などで人道危機が拡大する中、先進国による途上国支援のあり方が問われている。外務省の有識者懇談会は先月末、政府開発援助(ODA)の…

    (2018年12月26日 02:07)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです