メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ホットな話題をテーマに、それぞれ立場を異にするスペシャリストたちの練り上げられた「論」を紹介。基本は水曜・金曜更新。

  • 新型コロナ 非正規雇用の不安

     新型コロナウイルスの感染拡大は、企業活動や雇用環境にも大きな打撃を与えた。企業は事業の休業、縮小を余儀なくされたほか、従業員も職場を解雇されたり、雇い止めされ…

  • 学術会議、任命拒否

     日本学術会議が新会員の任命拒否で揺れている。菅義偉首相は「総合的、俯瞰(ふかん)的」に判断したと説明するだけで、理由を明かそうとしない。安倍晋三前政権以来、人…

  • 再び問う「大阪都構想」

     政令市の大阪市を廃止し、東京23区のような特別区に再編する「大阪都構想」の2度目の住民投票が11月1日、投開票される。都構想や市政に深い関わりがあり、立場の異…

  • 予算執行を考える

     借金頼みが続く日本の財政。「官」から「民」への流れの下で、「民が担う公共」の領域が増える中、新型コロナウイルス対策の補正予算に計上された持続化給付金事業では一…

  • なくならない施設虐待

     障害者施設の職員による虐待事案が増加している。4年前に入所者19人が元職員によって殺害される事件が起きた神奈川県立津久井やまゆり園でも今年、職員による虐待の疑…

  • 証拠改ざん事件10年

     2010年9月に発覚した大阪地検特捜部の証拠改ざん事件から10年が過ぎた。国民からの信頼を取り戻すため、検察は供述調書依存型捜査からの脱却を図り、組織運営も含…

  • 米大統領選 分断か和解か

     11月3日に投開票される米大統領選まで約1カ月。トランプ大統領の就任後、ワシントン政界の分断は加速を続けてきた。黒人への警察による暴力も相次ぎ、抗議デモや暴動…

  • 香港はどこへ

     1997年に英国から中国に返還された香港では、1国2制度に基づき、本土とは別の法体系が維持されてきた。だが中国の習近平指導部は、6月に香港国家安全維持法(国安…

  • 選挙を考える

     菅義偉政権が誕生し、国会は早くも解散風が吹き始める。最近の選挙事情を見れば、18歳以上に投票権が拡大しても投票率は低迷し、有権者の“政治離れ”が一段と進んでい…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです