メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

膨大な同業者が退場していった中で、彼らが日々を重ねられた理由は何か。幸運や巡り合わせというだけでは見過ごしてしまう細部があるに違いない。その知恵を広く共有すべく、じっくり語っていただいた。

  • 敷島製パン/中 あきない「超熟」ヒット

     <since 1920> 順調に成長を続けた敷島製パン(名古屋市東区)だったが、1996年春ごろから徐々に月間の売上高が前年を割り込み始めた。 盛田淳夫社長の…

  • 敷島製パン/上 食糧難救うため創業

     <since 1920> 「ライフラインの一翼を担い、パン菓子の生産供給を絶やさず社会に貢献できていることについて全社員の皆さんに深く感謝し、会社としての誇り…

  • リーガル/下 アナログの強みを形に

     <since 1902> 「リーガル『一本足打法』でよいのか。その議論はずっと続いている」。1980年代、婦人靴部門の営業・企画の最前線にいた武川雄二社長には…

  • リーガル/中 時代超える「伝統」と「革新」

     <since 1902> 「B17-5」。このナンバーを付けた重厚な製靴ミシンが、リーガルコーポレーション本社の資料館にある。昭和初期、前身の「日本製靴」が工…

  • リーガル/上 「武骨に、ひたすらに」

     <since 1902> 2011年3月。長引くリーマン・ショックの影に、東日本大震災の発生が追い打ちをかけた。ビジネスマンが行き交う東京都心のリーガルの店舗…

  • 岡部/下 環境土木のパイオニア

     <since 1917> 戦後の高度経済成長期に進んだ国土開発は、同時に自然破壊をもたらした。崖崩れを防ぐため、のり面がコンクリートで丸ごと覆われていく中、岡…

  • 岡部/中 起業家精神、次世代に

     <since 1917> 「社長 置きません」。1994年2月、毎日新聞経済面にこんな3段見出しの記事が載った。創業2代目の岡部亨氏(99年に67歳で死去)が…

  • 岡部/上 技術で「安全・安心」支える

     <since 1917> 最高視聴率が40%を超えたテレビドラマ「半沢直樹」(第1シーズン)に小さなネジ工場を営む父親が少年時代の主人公にこう語りかける場面(…

  • 西村書店/下 書物の価値を信じ挑戦

     <since 1916> 西村書店は創業100年を迎えた2016年春、江戸時代の蘭方医、杉田玄白らがオランダ語の医学書を翻訳した「解体新書」を復刻・刊行した。…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです