メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

膨大な同業者が退場していった中で、彼らが日々を重ねられた理由は何か。幸運や巡り合わせというだけでは見過ごしてしまう細部があるに違いない。その知恵を広く共有すべく、じっくり語っていただいた。

  • 小林製薬(大阪府)/上 卸から製造へ

     <since 1886> ◇執念を燃やし 謙虚に柔軟に 常に創造と革新を 「ブルーレットおくだけ」、さわやか「サワデー」、さらっさらーの「サラサーティ」。名前…

    (2018年11月05日 02:08)

  • SMBC日興証券(東京都)/下 企業経営を支援

     <since 1918> ◇得意先と共存共栄 創業の心、忘れず SMBC日興証券は旧日興時代から、業界に先駆けて多くの新サービスを提案してきた。東京・上野の松…

    (2018年10月29日 02:02)

  • SMBC日興証券(東京都)/中 独立系から銀行系へ

     <since 1918> ◇得意先と共存共栄 創業の心、忘れず かつて4大証券といえば、野村、大和、日興、山一の独立系4社を指した。日本の証券市場を長くけん引…

    (2018年10月22日 02:07)

  • SMBC日興証券(東京都)/上 「親切で正直」信条に

     <since 1918> ◇得意先と共存共栄 創業の心忘れず 新国立競技場の建設が進む東京・神宮外苑。前競技場の南側にあった旧日本青年館で1972年8月18日…

    (2018年10月15日 02:38)

  • 大修館書店(東京都)/下 電子出版で先行

     <since 1918> ◇出版は天下の公器 一国文化の水準と全貌を示す刊行を 鈴木一行現社長の父は創業者・鈴木一平の三男で4代目社長の荘夫。だが、後を継ぐよ…

    (2018年10月8日 02:04)

  • 大修館書店(東京都)/中 「大漢和」刊行で赤字

     <since 1918> ◇出版は天下の公器 一国文化の水準と全貌を示す刊行を 創業者の鈴木一平は1925(大正14)年、大漢和辞典の刊行を思い立った。漢字研…

    (2018年10月01日 02:02)

  • 大修館書店(東京都)/上 35年かけ漢和辞典

     <since 1918> ◇出版は天下の公器 一国文化の水準と全貌を示す刊行を 大修館書店の創業者、鈴木一平は1887(明治20)年、千葉県に生まれた。生家は…

    (2018年09月24日 02:06)

  • 山九(東京都)/下 さらなる国際化

     <since 1918> ◇公言実行 自問自答 感謝 来月、創業100年を迎える山九(さんきゅう)。今ではアジアを中心に海外現地法人は40を超え、従業員も3万…

    (2018年9月17日 02:05)

  • 山九(東京都)/中 人材ではなく「人財」

     <since 1918> ◇公言実行 自問自答 感謝 機工、物流、構内操業支援という3種の業務を結びつけたトータルサポートというユニークなビジネスモデルを築き…

    (2018年09月03日 02:13)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです