メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

膨大な同業者が退場していった中で、彼らが日々を重ねられた理由は何か。幸運や巡り合わせというだけでは見過ごしてしまう細部があるに違いない。その知恵を広く共有すべく、じっくり語っていただいた。

  • 森永製菓/下 「すこやか」を切り口に

     <since 1899> 森永製菓を代表するロングセラーの一つ「小枝チョコレート」。1971年の発売当時、テレビCMに挿入した「高原の小枝を大切に」というナレ…

  • 森永製菓/中 窮地にも「お客様第一」貫き

     <since 1899> 2016年に封切られ、大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」。戦前、戦後を懸命に生きる主人公のすずと、のちに夫となる周作を結びつ…

  • 森永製菓/上 2坪の原点「子どもに新体験を」

     <since 1899> 先月1日、東京・渋谷駅真上に誕生した超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」1階に、「TAICHIRO MORINAGA」がオープンし…

  • 金の星社/下 子どもが求めるものを

     <since 1919> 「これからの児童書は子どもに夢を与える物語だけではなく、戦争の悲劇もきちんと伝えなければいけない」。児童文学作家の高木敏子さん(87…

  • 金の星社/中 震災、戦争くぐり抜け

     <since 1919> 創業者の斎藤佐次郎氏はどんな人物だったのか。1893(明治26)年、当時の東京市本郷区(現文京区)で生まれ、生家は防水布を製造する商…

  • 金の星社/上 子どもの心を豊かに

     <since 1919> 「ガラスのうさぎ」「おこりじぞう」など読み継がれてきた絵本がずらりと並ぶ。童謡詩人、野口雨情が原稿につづった「一の鳥居をくぐろとした…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです