メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

  • 小林幸子 本気の歌に人は涙する

     小林幸子がキャパ100人余のジャズクラブで歌うとあって、チケットは秒速で売れ切れた。それも、自身のヒット曲のタイトルをもじって、「もしかして、私がジャズシンガ…

  • チャーチズ 骨太ロックに変身!

     英グラスゴー発、レーベル契約前からネット界隈(かいわい)で注目を集め、2013年にデビューしたチャーチズ。とかくボーカルの紅一点、ローレン・メイベリーのかわい…

  • 中島みゆき 感じて考えて楽しくて

     以前からこれがやりたかったということなのか、あるいはここに到達したのか。そのどちらにせよ中島みゆきの「夜会Vol.20『リトル・トーキョー』」はこれまでの演目…

  • ジ・インターネット 今こそ裸の人間関係

     現在のメンバーの5人は30歳のリーダー/キーボード奏者を年長に、皆20代。彼らはそのバンド名が示唆するように、物心がついた時にはインターネットが横にあった世代…

  • 近藤等則 IMA21 宇宙と交信する魂

     1977年だったか。昨年秋閉店した渋谷のジャズ喫茶「メアリージェーン」でギターのデレク・ベイリーとベース吉沢元治、トランペット近藤等則のライブが行われた。近藤…

  • 挟間美帆 80年の時空をつなぐ

     作編曲者として指揮をする挟間美帆自身が、まさしく「ダンサー・イン・ノーホエア」だった。“今までにない地平に立つ踊り手”。それは、今話題になっている新作のタイト…

  • パット・メセニー 柔剛縦横いずれもジャズ

     現ジャズ界のトップスターであるギター奏者のパット・メセニー(1954年生まれ)が、新春にブルーノート東京で編成違いのトリオによる公演を持った。 まず一つは、女…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです