メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

らっこ・ライブ・レビュー

  • 宇多田ヒカル アートになった「人間活動」

     思いがけなかったのはコンサートが始まってすぐ「初めての人」と語りかけられた客席のほとんどが手を挙げたことだ。彼女も「そんなに」と驚きつつ「ライブあんまりやらな…

    (2019年1月19日 14:40)

  • Mr.Children 到達点はたくましく

     何よりも「選曲」と「演出」について触れたいと思う。「聴かせ方」と「見せ方」。それを可能にした「演奏力」と「表現力」についてである。 3年4カ月ぶりの新作アルバ…

    (2019年01月12日 12:33)

  • ケルティック・クリスマス 異国に帰郷の温かさ

     JR錦糸町の駅を降りると、少し距離はあるが正面にスカイツリーがそびえる。師走のせいか、クリスマスのイルミネーションに彩られた下町がいつになくせわしない。今年も…

    (2018年12月22日 14:48)

  • ボン・ジョヴィ 快感原則に忠実がヨシ!

     ボン・ジョヴィは好きですか? そう聞かれたら、好きですと答える。でも正直に告白すると、以前は素直に好きですと答えることに、ためらいがあった。なぜか。それは、あ…

    (2018年12月15日 14:35)

  • 久石譲 コワ心地いい新感覚

     コンサートの楽しみは「聴いたことのない喜び」を体感することに尽きる。久石譲が主宰する「ミュージック・フューチャー」は、本人の新作を中心に現代音楽を紹介するコン…

    (2018年12月8日 14:22)

  • テイラー・スウィフト 自信充満スターの存在感

     テイラー・スウィフトが東京ドームのステージに立つのは2度目。前回はワールドツアーの初日で、今回は最終公演に選ばれて、2日間を10万人の観客で満員にした。 その…

    (2018年12月01日 15:11)

  • 山下達郎 進み続ける円熟の物語

     例えば、会場を光が飛び交うわけではないし、派手な演出があるわけでもない。晴れがましいところは、一切ない。歌が歌われ、楽器が奏でられ、音楽が生まれる。極端に言え…

    (2018年11月24日 12:46)

  • 小田和正 唱歌はすべてを浄化する

     この空気は何だろう。そう思いながら聞いていて思い浮かんだのが“教会”だった。 それは“宗派”とか“教義”などとは関係がない。“宗教的”ということでももちろんな…

    (2018年11月17日 14:41)

  • ジャネット・クライン よみがえるモガの輝き

     先月、10年ぶり5回目の来日をはたしたジャネット・クラインと(メンバー、編成は異なっていたが)彼女のバック伴奏を務めるパーラーボーイズ。「平成」が終わろうとし…

    (2018年11月10日 13:57)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  2. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  5. 鉄道事故 インフル感染、線路に転落か 女性死亡 東京・中目黒駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです