メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

  • サッカー 攻めのツーバック、注目=斉藤雅春

     26年目のJリーグが始まった。第1節のセレッソ大阪-横浜マリノス戦を取材した同僚記者から電話があった。「これまでのJで、ツーバックを見たことありますか」 「試…

  • サッカー 壮快、サイドアタッカー=斉藤雅春

     J1柏の快速FW、伊東純也(24)のプレーはなかなか壮快だ。 主戦場は右サイド。スピードを生かしたドリブルでDFを瞬時に抜き去り、クロスを上げ、好機を作り出す…

  • サッカー 元気なベテラン監督=斉藤雅春

     70代というとどのようなイメージが浮かぶのだろう。サラリーマンだったら退職して10年前後は過ぎている。孫の成長を楽しみにしながら、趣味の一つでもといったところ…

  • サッカー 欧州遠征、悩めるハリル=斉藤雅春

     サッカー日本代表のハリルホジッチ監督の旅はしばらく続きそうだ。旅といっても、一時期はやった自分探しのそれではない。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に備え…

  • サッカー もろさ露呈、不安なW杯=斉藤雅春

     ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、サッカー日本代表のスタートとなったキリンチャレンジカップ(6日・ニュージーランド戦、10日・ハイチ戦)は、不安を感じさ…

  • サッカー 加茂氏、プロ化への功績=斉藤雅春

     1980年代後半、日本サッカーは人気、実力共に低迷していた。68年のメキシコ大会を最後にオリンピックには出場できず、日本リーグでは閑古鳥が鳴いた。ワールドカッ…

  • サッカー 移籍市場、止まらぬ高騰=斉藤雅春

     サッカーのブラジル代表FWネイマールが、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に5年契約で移籍した。バルセロナに払われる移籍金は、史上最高の2億2200…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです