メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

  • サッカー 攻めのツーバック、注目=斉藤雅春

     26年目のJリーグが始まった。第1節のセレッソ大阪-横浜マリノス戦を取材した同僚記者から電話があった。「これまでのJで、ツーバックを見たことありますか」 「試…

  • サッカー 壮快、サイドアタッカー=斉藤雅春

     J1柏の快速FW、伊東純也(24)のプレーはなかなか壮快だ。 主戦場は右サイド。スピードを生かしたドリブルでDFを瞬時に抜き去り、クロスを上げ、好機を作り出す…

  • サッカー 元気なベテラン監督=斉藤雅春

     70代というとどのようなイメージが浮かぶのだろう。サラリーマンだったら退職して10年前後は過ぎている。孫の成長を楽しみにしながら、趣味の一つでもといったところ…

  • サッカー 欧州遠征、悩めるハリル=斉藤雅春

     サッカー日本代表のハリルホジッチ監督の旅はしばらく続きそうだ。旅といっても、一時期はやった自分探しのそれではない。来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に備え…

  • サッカー もろさ露呈、不安なW杯=斉藤雅春

     ワールドカップ(W杯)ロシア大会に向け、サッカー日本代表のスタートとなったキリンチャレンジカップ(6日・ニュージーランド戦、10日・ハイチ戦)は、不安を感じさ…

  • サッカー 加茂氏、プロ化への功績=斉藤雅春

     1980年代後半、日本サッカーは人気、実力共に低迷していた。68年のメキシコ大会を最後にオリンピックには出場できず、日本リーグでは閑古鳥が鳴いた。ワールドカッ…

  • サッカー 移籍市場、止まらぬ高騰=斉藤雅春

     サッカーのブラジル代表FWネイマールが、バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に5年契約で移籍した。バルセロナに払われる移籍金は、史上最高の2億2200…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです