メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

過労死

  • 「誰にでも」 考える会代表ら、洛水高で啓発授業 /京都

     府立洛水高校(京都市伏見区)で13日、「全国過労死を考える家族の会」代表で同区在住の寺西笑子さん(69)と、労災問題に取り組む弁護士の古川拓さん(42)が、過…

    (2018年12月21日 14:43)

  • 遺族「悲しみ理解を」 運転手死亡、賠償求め勤務先を提訴 地裁 /神奈川

     心筋梗塞(こうそく)で急死した男性運転手(当時63歳)の遺族=神奈川県在住=が、「過重労働に従事させ続けた安全配慮義務違反があった」として男性の勤務先だった会…

    (2018年12月2日 12:52)

  • 高校警備員死亡で労災申請 渋谷労基署

     東京都内の私立高校の警備員だった男性(当時68歳)が勤務中に急性心筋梗塞(こうそく)を発症し、その後死亡したのは長時間労働による過労死だとして、遺族が渋谷労働…

    (2018年10月17日 19:12)

  • 運転手遺族が労災申請

     トラックドライバーの男性(当時52歳)が心臓疾患で死亡したのは長時間労働による過労死だとして、男性の遺族が川口労働基準監督署に労災申請した。遺族代理人の川人博…

    (2018年9月11日 02:53)

  • トラックドライバー残業月158時間 労災申請

     トラックドライバーの男性(当時52歳)が心臓疾患で死亡したのは長時間労働による過労死だとして、男性の遺族が川口労働基準監督署に労災申請した。遺族代理人の川人博…

    (2018年9月10日 19:12)

  • 40歳男性の遺族、会社を損賠提訴 東京地裁

     服飾雑貨の製造などを手がける会社に勤めていた40歳の男性が死亡したのは、会社が労務管理を怠り長時間労働をさせたためとして、遺族が30日、会社と代表取締役らに約…

    (2018年8月31日 11:11)

  • 遺族が労災申請 赤プリ再開発で残業127時間

     東京都千代田区にあった旧グランドプリンスホテル赤坂(通称・赤プリ)の跡地の再開発工事に関わった厨房(ちゅうぼう)機器メーカーの男性社員(当時52歳)が自殺した…

    (2018年7月20日 19:21)

  • 部活指導で認定 時間外勤務、月100時間 富山の教諭

     富山県内の公立中学校に勤務し、2016年夏にくも膜下出血で死亡した40代の男性教諭が今年4月、地方公務員災害補償基金(地公災)富山県支部に過労死認定された。毎…

    (2018年7月17日 03:55)

  • 北本のラーメン店男性社員 労基署が認定 /埼玉

     北本市のラーメン店に勤務していた新入社員の男性(当時29歳)が2011年に死亡したのは長時間労働が原因だったとして、さいたま労働基準監督署が労災認定していたこ…

    (2018年7月6日 12:05)

  • テレ朝社長「大変重く」

     テレビ朝日の角南源五社長は29日の定例記者会見で、2015年に同社の男性プロデューサー(当時54歳)が心不全で死亡し、三田労働基準監督署から過労死と認定された…

    (2018年5月30日 16:42)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. NGT暴行被害、新潟知事が言及「早く解明し正常に戻って」
  4. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです