メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長評論

  • 下関 交流の歴史 /山口

     時代は今や令和だが、下関にはかつて「昭和館」という施設があった。1928年、県社会事業協会が同市大坪町(現神田町)に建設した、鉄筋コンクリート造り2階建ての建…

  • 山口 向き合えているか /山口

     7年前、東京都内の公立小6年の長女が校内で足をくじき、病院に運び込まれた。迎えに行くと症状は重く、ギプス姿だった。活発な娘だけに、「ついにやったか」と思ったが…

  • 周南 隣人 /山口

     戦後の初代宮内庁長官だった田島道治(1885~1968年)が在任中、昭和天皇との対話を詳細に記した文書の一部が公開されました。昭和天皇は1928年6月の張作霖…

  • 下関 47%と66% /山口

     正直言って、予想以上の低さだった。47・32%。21日の参院選(選挙区)の県内投票率だ。悪天候という不運があったとはいえ、補選を除いて過去最低だった6年前を3…

  • 周南 袋小路 /山口

     中国電力(広島市)が上関町で計画する上関原発建設を巡り、県は26日、中国電が申請した予定地海域の埋め立て免許の再延長を認めました。 今回の免許延長期間は3年6…

  • 山口 気候変動を考える /山口

     本紙「はがき随筆」を担当して3カ月がたつ。投稿はがきに毎日触れていて気になったのは、春以降の気象や生物の異変を訴える声だ。 一時は遅い梅雨入りと水不足が懸念さ…

  • 下関 SDGsって? /山口

     最近、目にする機会が増えている。 日傘男子ではない。御朱印帳マニアでもない。SDGsのことだ。「持続可能な開発目標」を意味する英語の略語で「エスディージーズ」…

  • 周南 先送り /山口

     中国電力(広島市)が上関町で計画する上関原発建設に伴う予定地の公有水面埋め立て免許の期限は6日まででした。中国電は期限切れを前に6月10日、県に免許の延長を申…

  • 山口 世界の水を募集中 /山口

     「アトリエに来てみませんか」。山口市の彫刻家、田辺武さん(74)の提案を受け、同市秋穂二島で瀬戸内海に突き出した半島の先端部を訪ねた。巨石が転がる土木資材用の…

  • 山口 「山口走り」はある /山口

     5月1日に山口支局に赴任する前、支局員を経験したことのある同僚から「山口は道がいいのでドライブが楽しい」と聞いていた。いざ来てみるとその通り。一般道でも片側2…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです