メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ!!V・ファーレン

長崎のサッカーを取材し、専門誌などにも執筆する長崎在住の藤原裕久さんがV長崎の情報を伝えます。

  • 負けられない「ダービー」 /長崎

     人は周囲と自分を比べてしまうもので、中でも特に負けたくない相手をライバルと呼ぶ。そのライバルが友人や同僚など身近であれば、一層負けたくないと思うものだろう。 …

  • 安易な補強に警鐘も /長崎

     V・ファーレン長崎にとっては、何とも厄介な話である。次節に対戦するジュビロ磐田が、J1リーグのガンバ大阪のエースで、元サッカー日本代表の遠藤保仁選手を期限付き…

  • 9試合ぶり、意地の勝利 /長崎

     8月29日以来、9試合ぶりの勝利だった。V・ファーレン長崎は4日、アウェーで8位の栃木SCと対戦し、1対0で勝利した。試合前に「苦しんだ9月から、充実した10…

  • 教育機関とクラブのタッグ /長崎

     気付けば今年も残り3カ月ほど。暦の上では、すでに実りの秋だ。本来なら長崎くんちの時期なのだが、今年は新型コロナウイルスのために奉納踊りが中止に。長崎市民にとっ…

  • 「クラブの顔になって」 /長崎

     「彼は良いね」「もっと上のレベルでも活躍すると思うよ」 最近、サッカーライター仲間から、そう言われることが多い。現在、V・ファーレン長崎の主力として活躍するF…

  • 良い報告という恩返し /長崎

     勝利後の言葉には、うれしさと誇らしさがあった。 「みんな仕事をしているので、今日の試合に向けて、家族や職場のサポートを受けて調整してきました。明日の朝からまた…

  • 「大人のサッカー」に手応え /長崎

     激しい戦いが続くリーグ戦も、折り返しが近づいてきた。9日にあったアウェーゲームでヴァンフォーレ甲府に敗れたV・ファーレン長崎は、7月から守ってきた首位から一つ…

  • 今季最多観客 畑選手活躍 /長崎

     8月29日にあった第15節の後半30分過ぎ、大型ビジョンに今季のホームゲームで最多となる入場者数が映し出されると、スタンドから小さな拍手が湧き起こった。スタジ…

  • 背中押す拍手 新たな応援スタイル /長崎

     最近のJリーグでは、少し変わったタイミングで大きな拍手が起きている。従来、人気選手の登場や、得点のときに起きていた拍手が、チャンスやピンチといった拮抗(きっこ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです