メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・データで読解

  • 我慢の夏 実りの秋に期待

     8月末となり「特別な夏」の興行が終わりつつある。ランキングを見ると先週公開された「糸」は土日2日間で興行収入2億円を超える好スタート。2位の「映画ドラえもん …

  • “新しい日常”下のヒット

     新型コロナウイルスの新規感染者数が増加傾向との報道が続く中、全国に住む男女(15~69歳)への消費者調査(7月11日実施)を見ても、緊急事態宣言の解除前から一…

  • 新作を機に再開周知を

     全国の映画館が営業を再開して約3週、徐々に観客数が戻っているようだ。先週末公開の「ドクター・ドリトル」含めて新作が三つランクインした。 全国に住む男女15歳か…

  • 対策周知と新作上映を

     近々全ての都道府県の映画館が営業再開となるが、人々のマインドはどうなっているだろうか。先週末の市場調査では「すごく行きたい」「機会があれば行きたい」人(計28…

  • 映画館の価値は不変

     新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が全国に拡大され、シネコン・劇場が休館となる中、ランキング集計は当面発表されないこととなった。新作公開に加えて撮影・…

  • 熱心なファンのみならず

     前週に続き米アカデミー賞4部門受賞の「パラサイト 半地下の家族」が1位となっている。授賞式以来連日の報道で、浸透度、話題度が沸騰。映画参加者人口の認知度は公開…

  • 好循環、100億円超え多数

     日本映画製作者連盟(映連)は、2019年の興行収入が2611.8億円だったと発表した。前年の2225.1億円に対して17.4%増、金額にして400億円弱増。1…

  • 映画館ならではの特別感

     2019年映画総興行収入は前年を15%上回って2500億円を超えるとみられている。天気の子、アナと雪の女王2、アラジン、トイ・ストーリー4など、例年より多く生…

  • 破格のヒット 未知の旅へ

     ディズニー配給の「アナと雪の女王2」は、公開初日からの3日間累計興収で19億円を突破する破格の大ヒットスタートを切った。前作は2014年の春に公開され、16週…

  • 両面性、黒い魅力を増幅

     週末ランキングは3週連続で「ジョーカー」が1位を獲得。米国のDCコミックスシリーズ「バットマン」の悪役として知られるジョーカーの誕生を描く。累計興収は既に30…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  4. 駆け込んだ交番内でわいせつ被害 当時、警官不在 男は逃走 東京・葛飾

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです