メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわりEYE

気象庁は2015年7月、世界最高水準の能力を持つ「ひまわり8号」の運用を始めた。情報通信研究機構(NICT)、千葉大環境リモートセンシング研究センターと共同で、防災・減災の願いを込め、地球と大気の現象を、高精細なひまわり画像で紹介する。

  • 異常気象原因に「悪い偶然」も

     平成最悪の水害となった7月の西日本豪雨、災害級の酷暑、そして非常に強い状態で日本へ上陸した台風など、平成最後の夏は異常気象に見舞われた。日本の上空約3万600…

    (2018年09月21日 02:21)

  • 植生研究に「答え」

     陸上の植生を観測対象にしている研究者も、ひまわり8号の観測データに熱い視線を送っている。地球上のどこに、どれだけの量の陸上植物が存在するのか。地球温暖化予測や…

    (2016年09月23日 02:21)

  • 実物を見て、感じて

     2015年7月7日にひまわり8号のデータが公開され、その画像に多くの人が圧倒され、息をのんだ。情報通信研究機構が公開する「ひまわりリアルタイムWeb」は、世界…

    (2016年09月16日 02:15)

  • 未来の天気予報

     ひまわり8号は、先代のひまわり7号の約50倍のデータを生み出す。丸い地球全体をスキャンするのが、1時間ごとから10分ごとになった。1時間ごとではパラパラ漫画の…

    (2016年09月09日 02:29)

  • 台風、前例ない進路で

     台風の動きが特異な夏だった。1号の発生は7月3日と過去2番目に遅く、8月後半に上陸が4個となり、平年の1年間の上陸数(2・7個)を上回った。真っすぐ北上したり…

    (2016年09月02日 02:39)

  • 黒幕「モンスーン渦」

     8月19〜20日に三つの台風が立て続けに発生した。台風9号は関東に上陸して列島を縦断、11号は北海道に上陸し、10号は日本の南を迷走している。なぜ複数の台風が…

    (2016年08月26日 03:37)

  • 積乱雲の卵をさがせ

     局地的豪雨や竜巻など、災害に直結するような積乱雲の発生を正確に予測することは、現代科学をもってしても難しい。一方、積乱雲をいかに早く見いだすかは、社会的な課題…

    (2016年08月19日 03:18)

  • 海の植物 善玉?悪玉?

     ひまわり8号は海の色も測定できる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ひまわり8号の色のデータを使い、海の植物プランクトン量の指標となる水中のクロロフィルaの…

    (2016年08月12日 02:50)

  • 地形が生む山岳波

     地形は気象と深くかかわっている。ひまわり8号が今年1月31日、東北地方の上空でとらえた波状雲も、山岳という地形が原因だ。 画像では、岩手、宮城、福島の3県にま…

    (2016年08月05日 03:44)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
  4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです