メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

月刊相撲

大相撲の話題をたっぷりお届けします。話題の力士のロングインタビューやおかみさんリレーコラムも。毎月1回更新。

  • 待ったなし 揺らぐ大関の権威=武藤久

     大関の不振が目につくなかで名古屋場所では4人そろって休場した。4大関が土俵から姿を消したのは昭和以降では初めての珍事だった。 貴景勝は初日からの休場で陥落が決…

  • 大相撲・技あり! はず押し 小柄生かす武器

     大相撲名古屋場所では身長169センチ、体重116キロの照強が幕尻の西前頭16枚目で12勝を挙げ、敢闘賞を獲得した。光ったのは身長も体重も幕内で2番目に低くて軽…

  • 若手出世争い、台頭は? 友風、名古屋で名乗り

     角番の貴景勝や返り咲いたばかりの栃ノ心ら4大関全員が休場する異例の事態となった大相撲名古屋場所で、新たに注目を集めたのが幕内わずか3場所目の友風だ。優勝した鶴…

  • 大相撲・技あり! 拝む じっくり攻めた竜電

     夏場所では、十両昇進後に大けがで一時は序ノ口まで落ちた竜電が初の技能賞を獲得した。豊富な稽古(けいこ)量を生かした相撲のうまさを印象づけたのは、14日目に関取…

  • 待ったなし うれしい十両昇進=武藤久

     名古屋場所の新番付で十両に5人が昇進、うち新十両4人は14年九州場所以来の大量出世だった。幕下以下は同じ星同士で対戦するからつぶしあいになり大量昇進は難しいが…

  • 待ったなし 令和最初の千秋楽=武藤久

     新元号最初の5月の夏場所は下馬評にも上がらなかった平幕の朝乃山が大相撲史に優勝力士としてしこ名を刻むことになった。さらに驚かされたのは米国・トランプ大統領の千…

  • 炎鵬「令和の牛若丸」 「前へ」徹し技も多彩

     大相撲夏場所は25歳の新鋭、平幕の朝乃山(高砂部屋)が初優勝を遂げた。優勝争いに引けを取らないほど注目を浴びたのが、新入幕の24歳、関取最小の身長168センチ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです