メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

養老先生のさかさま人間学

新聞を使った授業の紹介「新聞で学ぼう」と、子どもにも楽しく読めるコラム「養老先生のさかさま人間学」を掲載します。解剖学者の養老孟司さんが、ユニークな視点で世の中のできことを語ってくれます。

  • 人生は、分からない

     私は丑(うし)年生まれですが、家内も娘も、わが家の女性陣はなぜか、みんな亥(い)年です。亡くなった母もそうでした。牛がイノシシに囲まれた家です。確か、以前そう…

  • 人のため、社会のために

     江戸時代に、参勤交代という制度がありました。大名たちが一定期間、江戸に住んだり自分の領地に住んだりすることを義務付けていたのです。 もちろん移動するのは大名だ…

  • 人と人との距離を考える

     「疎密」という言葉があります。まばらなことと、きめの細かいことを意味する熟語で「人口の疎密」などというふうに使われます。 疎密の「密」は狭い範囲に人が集まって…

  • 悩んで学ぶことの大切さ

     私が子どもの頃はまだ戦争中で、耐えること、我慢することは大切なことだと教わりました。 忍耐の「忍」も「耐」も、どちらも我慢するという意味ですが、忍は忍者という…

  • 残りの人生の楽しみに

     研究らしいことをわたしはずっと続けていますが、やり遂げた感じは、まだありません。ひたすら磨こうとしていますが、なかなか終わりません。いつも「まだまだこれから」…

  • 逃げ場、残すことの大切さ

     20年ほど前でしたか、気功の術を見せてもらったことがあります。気功のお師匠さんが一声、気合を入れると、お弟子さんが3人くらい、吹っ飛んでしまいました。 科学者…

  • 大変、でも損ばかりでない

     新型コロナウイルスのために、病院が大変なことになりました。 こうした感染症では入院しなければならないので、すぐに病院がいっぱいになってしまいます。そうなると、…

  • 大変、でも損ばかりでない

     新型コロナウイルスのために、病院が大変なことになりました。 こうした感染症では入院しなければならないので、すぐに病院がいっぱいになってしまいます。そうなると、…

  • 振り返れば、あっという間

     喜んだらいいのか、悲しむべきなのか、よく分からない。そういうことって、ありますね。 というより、何事も結局は、そういうことなのかもしれませんね。いいも悪いも、…

  • 普段気付かない大事なこと

     たくさんの学校が休みになりました。学校だけではありません。いってみれば日本中、いや世界中が病気になって、仕方がないからみんなで休んでいる。そういう状況。 こう…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです