メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

POPSこぼれっ話

環境が大きく様変わりしても、大衆音楽は人を喜ばせ元気づけます。記事からこぼれ落ちてしまったものの、どこか気になるポピュラー話を紹介します。

  • 本物は次の元号でも

     平成回顧が花盛りである。メガヒット時代を経て、安室・小室時代があって……そう、「女子十二楽坊」でピークを迎え、一瞬にして消え去った2000年代初頭の中国伝統楽…

  • 18年ぶり復活「NOBU CAINE」

     最近、ベテランの頑張りが目に付く。50周年を記念する和田アキ子の武道館公演は、たくさんのベテランと若手が集結し豪華絢爛(けんらん)なステージで目を奪い、同時期…

  • 個性派女性サックス奏者

     秋風を感じると、情熱と哀愁の重なり合ったジャズサックスの音色が心にしみてくる。と、あたりを見渡すと、個性的な女性奏者が実に元気!! 異なるキャラクターの3人を…

  • 今も「熱い」クリエイション

     「熱い!」 例年なら海風がさわやかな横浜・赤レンガ倉庫も、今年はライブハウス「モーションブルー」に到着する前に汗まみれである。だが、演奏が始まると、「暑い」を…

  • 先人しのび、耳傾ける夏

     お盆の時期になると先人をしのぶ気持ちになる。まず、昨年7月21日に79歳で亡くなった平尾昌晃を思い浮かべる。 東京・新宿生まれ、神奈川・湘南育ち、慶応高校時代…

  • 結婚式ソングNo.1は?

     昭和にはよく聞いた「ジューン・ブライド」という言い伝えは今も残っているのであろうか。女性性や家庭を象徴するローマ神話の女神ジュノー(ギリシャ神話のヘラ)が6月…

  • 日本ジャズの自由度加速

     高度な演奏技術が必要で、譜面に書き留めることができる……この点において、クラシックとジャズは血縁である。これは世界中で同じ曲の演奏ができ、国際化が進むことを意…

  • ラジカセ復活とスピーカーイス

     流行の最先端を走るファッション業界やその関係者が集まる場所で、アナログプレーヤー、真空管アンプ、巨大スピーカーをそろえて、音楽を流す場面を数多く見かけるように…

  • LPは懐古趣味ではない

     ソニーがマイナーなニッチ商品と考えられてきたアナログディスクつまりレコードの一貫製造に乗り出し、その第1弾が発売された。洋楽がビリー・ジョエルの「ニューヨーク…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです