メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇づくし

  • 別役実物語 永遠に生きる不条理空間

     「こういう会を催していただいたことに感謝しております。お礼の印として、1時間ばかり、現代演劇の在り方についてお話しさせていただきます」と、老劇作家があいさつす…

  • 別役実物語 喜劇的要素を軽やかに

     7月13〜31日、東京・新国立劇場で上演された舞台「月・こうこう、風・そうそう」をもって、昨年3月から続いた「別役実フェスティバル」は幕を閉じた。実は約20年…

  • 別役実物語 自由な発想受け止め

     全国の劇団劇場が別役実の戯曲を上演していく「別役実フェスティバル」も、新国立劇場(東京都渋谷区)で13日から始まる新作「月・こうこう、風・そうそう」の上演でつ…

  • 別役実物語 地域と方言の力への開眼

     別役が育った旧満州(現中国東北部)で使われていた日本語は「一番平均的な標準語」。敗戦で日本列島に引き揚げた別役は故郷を失い、残ったのは無味乾燥な言葉だけだった…

  • 別役実物語 ピッコロ劇団との邂逅

     別役実にとって、旧満州(現中国東北部)の生まれという出自は作家人生に決定的な影響を与えた。帰国後も、高知や長野を転々とする根無し草の育ちの故に、日本社会を上か…

  • 別役実物語 小室等と出会い、転換点に

     「丁寧に、丁寧にやりましょう」 「2回もうなずくと、振り付けのための振り付けになってしまう。首を縦に動かすのは1回だけにしよう」 東京・池袋の劇団Pカンパニー…

  • 別役実物語 新たな意味持つ「飛行船」

     東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストで1月に上演された別役実作の舞台「街と飛行船」。ラストの場面で、俳優陣の頭上に浮かぶ“飛行船”がぱっくりと割れた時、観…

  • 別役実物語 子供たちから受けた刺激

     男優が女装して演じる“公爵夫人”や、すぐに眠ってしまう“眠りねずみ”−−。不思議なキャラクターが登場するたびに、舞台の前に設けられた桟敷席に座っている子供たち…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです