メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

  • 歳時記などで「凩」を引くとよく三つの句と出会う…

     歳時記などで「凩(こがらし)」を引くとよく三つの句と出会う。一つは江戸時代の池西言水(いけにしごんすい)の「凩の果(はて)はありけり海の音」。言水はこの一句で…

    (2017年12月13日 03:42)

  • 「おい、見ろよ。監督が新しい赤ん坊を…

     「おい、見ろよ。監督が新しい赤ん坊を連れてきたぜ」。チームメートの前に現れた丸顔の赤ん坊(ベーブ)というのが伝説の本塁打王ベーブ・ルースの名の由来だが、定着し…

    (2017年12月12日 03:28)

  • 年末の家の大掃除をすす払いと呼ぶ人が…

     年末の家の大掃除をすす払いと呼ぶ人が少なくなって久しい。かまどやいろりがなくなったから仕方のないことかもしれない。大掃除をするにしても、最近では大みそかが近づ…

    (2017年12月10日 03:29)

  • 今年の言葉に「共謀」が選ばれたと聞くと…

     今年の言葉に「共謀」が選ばれたと聞くと、日本のことかと思う人もいるかもしれない。6月にテロ等準備罪の名で実質的に「共謀罪」の要素を盛り込んだ改正組織犯罪処罰法…

    (2017年12月9日 03:53)

  • 願いをかなえるランプの魔人ジョークの一例である…

     願いをかなえるランプの魔人ジョークの一例である。ある人がランプを拾ったら魔人が現れたので、「月に行きたいからハシゴをかけて」と頼んだ。だが「ワハハ、いくらワシ…

    (2017年12月8日 03:59)

  • 「たま風や抜錨指令滞り」は…

     「たま風や抜(ばつ)錨(びょう)指令滞(とどこお)り」は大石悦子(おおいし・えつこ)さんの句。この「たま風」は冬の日本海側で吹く北西の季節風の福井県以北での呼…

    (2017年12月7日 03:55)

  • プロデビューしたころの将棋をふりかえって…

     プロデビューしたころの将棋をふりかえって羽生善治(はぶ・よしはる)さんは「無理が通れば道理引っ込む」と評している。実に荒っぽい感覚だけで勝っていたという。1手…

    (2017年12月6日 03:57)

  • 尺八曲「鶴の巣籠」といってもどんな曲か思い浮かぶ方は少なかろう…

     尺八曲「鶴(つる)の巣(す)籠(ごもり)」といってもどんな曲か思い浮かぶ方は少なかろう。それが人類の代表的音楽の一つとして宇宙人にも聞いてもらえるかもしれない…

    (2017年12月5日 03:46)

  • 平安から鎌倉期に活躍した仏師、運慶…

     平安から鎌倉期に活躍した仏師、運慶(うんけい)。東京国立博物館で開催された運慶展で仏像の豊かな表情に驚いた人は多い。慈悲の心、怒り、悲しみ……。顔は内面を表す…

    (2017年12月4日 03:25)

  • 出生率が高く少子化を克服した国とされるのが…

     出生率が高く少子化を克服した国とされるのがフランスだ。子育て家庭への現金給付が手厚く、育児休暇制度や保育サービスが充実している。「働く女性が出産をリスクに考え…

    (2017年12月3日 03:45)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  2. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 人身事故 山手線と埼京線で遅れ、6000人に影響 東京
  5. いきものがかり ゆかり厚木のCD店 惜しまれつつ閉店 ファンの「聖地」に賛辞の拍手 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです