メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉県

  • アライグマ専用捕獲器開発 前脚が器用な特徴利用

     ◇2016年度の県内農作物被害1600万円 アライグマによる農作物被害などを防ごうと、埼玉県は民間企業と協力し、アライグマ専用捕獲器を開発した。従来の捕獲器は…

    (2018年01月31日 08:30)

  • 山岳遭難で防災ヘリの救助費請求 5万5000円

     防災ヘリコプターによる山岳遭難者の救助費を巡り、今月から全国で初めて有料化した埼玉県は19日、救助した県内の60代男性に5万5000円を請求したと発表した。 …

    (2018年1月19日 20:31)

  • 愛着度アップにラーメン開発 食材は全て県産

     県民に埼玉県への愛着を深めてもらおうと、県内の食品関連企業などが全ての食材を県産にこだわったラーメン「オール埼玉ラーメン(ALL SAITAMA RAMEN)…

    (2017年11月23日 11:42)

  • 保育士確保へ自治体争奪戦 バスツアーで魅力PR

     待機児童をなくすために埼玉県南部の都市部を中心に保育所の新設が急ピッチで進む一方、保育士不足が深刻化している。各自治体は給与の上乗せなど多様な支援メニューを用…

    (2017年09月14日 13:05)

  • 山岳ヘリ、有料化 条例成立へ 救出時1時間5万円

     埼玉県内の山岳で遭難した登山者が同県の防災ヘリコプターに救助された場合、ヘリの燃料費相当分として運航1時間あたり約5万円の「手数料」を県に納めることを義務付け…

    (2017年3月24日 15:10)

  • 「小児救急電話」一時不通

     埼玉県は4日、子供が夜間や休日に急病になった際に看護師が電話で相談に応じる「小児救急電話相談」で、2日から4日にかけて電話がつながらない状態が生じたと発表した…

    (2016年4月5日 03:15)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  3. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです