メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮点描

  • (10)「出稼ぎ労働者のレストラン」

     「北朝鮮レストラン」をご存じだろうか。平壌キムチや平壌冷麺、犬肉などの北朝鮮料理が食べられる店である。日本や韓国にはないが、中国には北朝鮮から数多く進出する。…

  • (7)まん延する「非社会主義的現象」

     北朝鮮で金正恩(キム・ジョンウン)第1書記による指導体制が始まって間もなく3年になる。金第1書記は1年前、国家転覆を図ったとして、叔父で後見人だった張成沢…

  • (6)中国国境の新鴨緑江橋 開通延期

     中国の国際情報紙「環球時報」は10月31日、中国と北朝鮮を隔てる鴨緑江にかかる新たな国境橋「新鴨緑江橋」の開通が遅れていると報じた。中国側では橋梁(きょうり…

  • (5)市民の生活 平壌と地方都市で大きな差

     北朝鮮では、外国人と一般市民との自由な接触は制限されている。それでも、立ち寄った取材先や食堂などで、市民生活の一部を垣間見ることができた。北朝鮮では今年、携帯…

  • (1)近くて遠い存在 写真で紹介

     終戦前後に今の北朝鮮地域で死亡した日本人遺族の墓参に同行し、9月15〜23日に北朝鮮を訪ねた。首都・平壌のほか、北部の咸鏡北道会寧(ハムギョンプクドフェリョン…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです